専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「本当に傑出していた」105年ぶりの“偉業”を成し遂げた大谷翔平にクールな名将マッドンも驚嘆「ホットになったショウヘイは…」

THE DIGEST編集部

2021.03.22

1番投手として先発して攻守に奮闘した大谷(左)をマッドン監督(右)も絶賛した。 (C) Getty Images

1番投手として先発して攻守に奮闘した大谷(左)をマッドン監督(右)も絶賛した。 (C) Getty Images

 エンジェルスの大谷翔平が全米の注目を浴びた。

 現地時間3月21日に行なわれたパドレスとのオープン戦に、2016年7月3日のソフトバンク戦以来、実に1722日ぶりとなる「1番・投手」で出場した大谷は、投打で圧巻のパフォーマンスを披露した。

 まず、2018年にア・リーグのサイ・ヤング賞に輝いた左腕ブレイク・スネルと対峙した「打者・大谷」は、第1打席で外角高めの速球に力負けせずにセンター前ヒットを記録。続く打席では、粘って四球を選んだ。

「投手・大谷」としても出色だった。初回に失点はしたが、3回の満塁のピンチを三振で切り抜けるなど4回2安打1失点5奪三振と粘投。メジャーで自己最速を更新する101・9マイル(約164キロ)を計測するなどストレートが冴え渡った。

 1916年以降、先発投手では誰一人としてやったことのない1番打者として出場した26歳の“怪物”に、普段はクレバーなエンジェルスのジョー・マッドン監督も「かなり良かった。本当にかなり良かったんだ」と興奮気味に語った。

【動画】“サイ・ヤング左腕打ち!”大谷の意地のヒットシーンを見る
「今日のショウヘイは本当に傑出していた。打席でもマウンドでもとても良かった。誰よりも優れていた。球速も良かったし、制球も良かった。他の球種もカーブ、スライダー、スプリット、今日は全てが機能していた。あらゆる面でとても、とても良い1日だった」

 手放しで大谷を褒めちぎった指揮官は、164キロを記録した3回の投球シーンについては、「間違いなくギアを上げたね」と分析した。

「相手チームが脅かしてきたら、全ての球のクオリティーが全く段違いのレベルになった。ホットになった時のショウヘイは確実に別次元になるんだ。今日は見たもの全てが非常に良くて、速球の制球もその1つだ」

 過去3度の最優秀監督賞(2008、2011、2015)を手にした名将が熱っぽく絶賛した大谷。その一挙手一投足からますます目が離せなくなってきた。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【動画】“サイ・ヤング左腕打ち!”大谷の意地のヒットシーンを見る

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング