専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【パ・リーグ新人王レースを占う】候補5人全員が投手!4球団競合の早川隆久を上回る高評価は?"育成這い上がり"右腕も注目

西尾典文

2021.03.24

大学日本代表の抑えも務めた伊藤(右)が新人王本命か。2年目の宮城(左下)も順調に成長中。4球団競合の早川(左上)は意外にも……。写真:産経新聞社(伊藤)、山手琢也(早川)、滝川敏之(宮城)

大学日本代表の抑えも務めた伊藤(右)が新人王本命か。2年目の宮城(左下)も順調に成長中。4球団競合の早川(左上)は意外にも……。写真:産経新聞社(伊藤)、山手琢也(早川)、滝川敏之(宮城)

 3月26日に迫った2021年のプロ野球ペナントレース開幕。注目度の高いアウォード争いとなると、やはり新人王は外せないだろう。今年は即戦力として期待されるルーキーも多く、激戦が予想される新人王レースについて、“競馬の予想方式”で5人をピックアップしてみた。今回はパ・リーグ編だ。

【2021新人王予想】
本命:伊藤大海(日本ハム)
対抗:宮城大弥(オリックス)
単穴:早川隆久(楽天)
大穴:鈴木昭汰(ロッテ)
注意:漆原大晟(オリックス)

 佐藤輝明(阪神)の存在で盛り上がりを見せるセ・リーグの新人王レースに比べれば、一見するとパ・リーグは“地味”に映るかもしれない。しかし、新人王候補はいずれも粒揃いの好投手たちが“主役”の座を狙っている。

 中でも「本命」に推したいのが、日本ハムのドラ1・伊藤大海だ。

 地方リーグでプレーしていたものの、その総合力は間違いなく高く、大学日本代表として国際大会でも結果を残してきたのは心強い。何よりも大崩れすることのない安定感が際立っており、あらゆるボールを駆使して試合を作れるのが大きな強みだ。先発投手陣が苦しいチーム事情も追い風であり、援護があれば2ケタ勝利も十分に狙うことができるだろう。
 
「対抗」は高卒2年目の宮城大弥だ。昨年はウェスタン・リーグで最多勝を獲得し、シーズン終盤には一軍で初勝利もマーク。今年もキャンプ、オープン戦から順調にアピールを続け、開幕ローテーションを勝ち取った。

 ストレートの力強さも増しており、ブレーキ抜群の大きいカーブと、打者の手元で鋭く変化するスライダーも一級品。本命に推しても良いくらいの安定感があるが、同等の成績となるとルーキーに票が集まる傾向を考えて対抗とした。
 
NEXT
PAGE
4球団競合・早川が上位2人に入らないワケとは?

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング