専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【セ・リーグ新人王レースを占う】大爆発の佐藤輝明よりも広島のクローザー候補が有利?2年目の奥川恭伸も開花すれば…

西尾典文

2021.03.24

セ新人王本命は大人気の佐藤(左)…ではなく広島の新クローザー候補・栗林!?(右上)。2年目の奥川(右下)にも期待したい。写真:山手琢也(佐藤)、産経新聞社(栗林)、滝川敏之(奥川)

セ新人王本命は大人気の佐藤(左)…ではなく広島の新クローザー候補・栗林!?(右上)。2年目の奥川(右下)にも期待したい。写真:山手琢也(佐藤)、産経新聞社(栗林)、滝川敏之(奥川)

 3月26日に迫った2021年のプロ野球ペナントレース開幕。注目度の高いアウォード争いとなると、やはり新人王は外せないだろう。今年は即戦力として期待されるルーキーも多く、激戦が予想される新人王レースについて、“競馬の予想方式”で5人をピックアップしてみた。今回はセ・リーグ編だ。

【2021新人王予想】
本命:栗林良吏(広島)
対抗:佐藤輝明(阪神)
単穴:大道温貴(広島)
大穴:奥川恭伸(ヤクルト)
注意:牧秀悟(DeNA)

 オープン戦での話題は、阪神ドラ1の佐藤輝明が独占したと言ってもいい。6本塁打は12球団最多の数字であり、ドラフト制後の新人記録を更新する大活躍を見せた。しかし、それでも予想では「対抗」にとどめた。

 確かに佐藤のパワーは規格外だが、過去10年に輩出された両リーグの新人王のうち、野手はたったの5人。しかも、いわゆる強打者タイプは村上宗隆(ヤクルト)だけということを考えると、やはり本命には推しづらい。弱点を徹底して攻められた時にどこまで素早く対応できるかがポイントとなるだろう。
 
 過去の傾向を踏まえても「本命」は投手とし、社会人での実績も十分な栗林良吏を選んだ。フランスアが長期離脱となったことで、開幕から抑えを任されることが濃厚という点も追い風になりそう。ストレートはコンスタントに140キロ台後半をマークし、フォークとカットボールで空振りを奪えるのも大きい。大きく調子を崩すことがなくチームも勝利を重ねられれば、永川勝浩(現一軍投手コーチ)が1年目にマークした25セーブを上回る数字も期待できるだろう。

「単穴」にも広島のリリーバー・大道温貴をチョイスした。一時は抑え候補にも名前が挙がっていたほど状態が良く、短いイニングであればストレートでどんどん押す投球ができる。栗林につなぐ役割として期待だ。中継ぎはホールドで評価されやすく、先発や抑えと比べると印象が弱くなるというハンデはあるものの、フル回転して防御率も抑えることができれば、昨年の平良海馬(西武)のようにタイトル争いに加わってくる可能性はある。
 
NEXT
PAGE
DeNAドラ2・牧も佐藤と並んで要注意?

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング