専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【山﨑武司のパ・リーグ順位予想】ソフトバンクの層の厚さはやはり盤石。だが、CSでは楽天が投手力で勝ちぬく可能性も

THE DIGEST編集部

2021.03.26

田中の復帰で楽天に完成した5本柱に注目する山崎氏。仮に2位だったとしても、CSでならソフトバンクを倒せるかも、と言う。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

田中の復帰で楽天に完成した5本柱に注目する山崎氏。仮に2位だったとしても、CSでならソフトバンクを倒せるかも、と言う。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

 3月26日に、いよいよプロ野球のシーズンが幕を開ける。コロナ禍の影響もいまだ色濃く残るなか、いったいどのチームがリーグ優勝を果たすのか。現役時代は中日、オリックス、楽天で主砲としてプレーし、現在は解説者としても活躍する山﨑武司氏に、今季のパ・リーグ順位を予想してもらった。

【山﨑武司のパ・リーグ順位予想】
1位 ソフトバンク
2位 楽天
3位 西武
4位 ロッテ
5位 日本ハム
6位 オリックス
 
 打倒ソフトバンクを目指す5球団の中でも、筆頭はやはり楽天だ。田中将大の復帰と、ゴールデンルーキー早川隆久の加入で完成した5本柱は面白く、うまく機能すればリーグ優勝する可能性は決して低くない。仮にシーズンでは2位だったとしても、クライマックスシリーズでは投手力に物を言わせてソフトバンクを倒すこともあり得る。とはいえ、ソフトバンクの層の厚さはやはり盤石。昨季の栗原陵矢のように、今季台頭してくる新しい選手も出てくると思われ、優勝争いはソフトバンクに分があるだろう。

解説●山﨑武司

【プロフィール】
やまさき・たけし/1968年生まれ。愛知県出身。愛工大名電高から1987年ドラフト2位で中日ドラゴンズに入団。オリックス・ブルーウェーブを経て2005年東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍。07年には39歳で二度目の本塁打王、この年は打点王も獲得し、二冠王に輝いた。12年から中日に復帰し、翌13年シーズンを持って27年のプロ野球選手生活を終えた。引退後はスポーツコメンテーターとしてテレビやラジオで活躍するほか、講演活動や野球教室なども精力的に行い、野球の普及推進に尽力している。
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング