専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

DeNAが待望のシーズン初勝利!「ノりにノったら止まらない」ルーキー牧秀悟がまたも爆発

THE DIGEST編集部

2021.04.05

今季3度目の猛打賞でチームの初勝利に貢献した牧秀悟。ルーキーらしからぬ勝負強さを見せている。写真:田中研治

今季3度目の猛打賞でチームの初勝利に貢献した牧秀悟。ルーキーらしからぬ勝負強さを見せている。写真:田中研治

DeNA3-1広島/4月4日/横浜スタジアム

 DeNAが9試合目にして今季初勝利。投手陣が踏ん張り、打線も効果的に加点して、首位広島との接戦を制した。

 4年目・阪口皓亮が5回無失点の粘投でプロ初勝利を挙げたこの試合。打線でひときわ存在感を見せたのは、ドラフト2位ルーキー・牧秀悟だった。
 
 開幕から9試合連続で3番に入った牧は、この日も初回にチーム初安打となる内野安打を放つと、5回の第3打席には貴重な3点目となる左前タイムリー。7回にも右前に弾き返し、早くも今季3度目の猛打賞となった。
 
 一方の投手陣は、阪口の後を4人のリリーバーが継投。9回には二死二、三塁のピンチを迎えるも、守護神・三嶋一輝が西川龍馬を投ゴロに打ち取り、2点差を逃げ切った。

 阪口と、先制ソロを放った神里和毅とともにヒーローインタビューに登場した牧。「阪口が頑張っていて、チャンスだったので、思い切っていった」とタイムリーの場面を振り返った。
 
 1年目の3番打者は、ここまで得点圏打率.545という驚異的な勝負強さを見せている。その要因については、「前のバッターがチャンスを作り、後ろに佐野さんや宮崎さんがいるので、自分は凡打してもいいかなという気持ちで思い切ってできている」と語る。

 インタビューの最後には、「長い負けが続いた中で一勝できたということは、ここから勝っていくと思う。ノりにノったら止まらない、それがベイスターズ」と力強く言い放った。牧が残している打率.405、15安打はいずれもチームトップで、打点10はリーグでも1位の数字。助っ人不在の打線で奮闘する、“ノっている”男の活躍が、ようやく実を結んだ。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング