専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

有原航平、"日ハム対決"を制す!6回途中無失点、自己最多6奪三振の好投で2勝目の権利! 惜しくも初のQSはならず

THE DIGEST編集部

2021.04.20

好投を見せた有原(右)、大谷(左)の大飛球も味方の好プレーで救われた。(C)Getty Images

好投を見せた有原(右)、大谷(左)の大飛球も味方の好プレーで救われた。(C)Getty Images

「主役は俺だ!」と言わんばかりのピッチングを見せた。

 テキサス・レンジャーズの有原航平は現地時間4月19日、敵地で行われたロサンゼルス・エンジェルス戦に先発。5.2回77球、2安打無失点、2四球6奪三振の好投で勝ち投手の権利を得ている。

 日本ハム時代のチームメイトである大谷翔平との対戦が注目された一戦。初回、先頭のデビッド・フレッチャーにヒットを許して、大谷との対戦を迎えた。4球目、インコースに投げたカッターでファーストゴロ併殺に打ち取ると、続くマイク・トラウトを空振り三振。初回を無失点に終える。

 2回も併殺打を奪うと、3回は2つの三振で無失点。さらに4回は、2度目の大谷との対戦となった。再び4球目、カウント2-1から高めのチェンジアップを大谷は強振。自身はホームランを確信した打球はセンター方向へぐんぐん伸びていったが、この日先制アーチを放ったアドリス・ガルシアがジャンプ一番でこれをキャッチ。大谷の“日米通算100号”を阻止してみせた。
 
 これで救われた有原は、トラウトから2打席連続三振を記録し、5回も三者凡退。勝利投手の権利を得た5イニングをわずか65球、1安打1四球5奪三振で折り返して見せる。すると直後の6回、レンジャーズは先頭打者が四球で出塁すると、3者連続ヒットでまず2点を追加。さらに犠牲フライ、エラーも絡んで有原に一挙5点をプレゼントする。

 このいい流れを渡さず、その裏の先頭打者を自慢のスプリッターで空振り三振に仕留め、メジャー自己最多の6K。しかし2死後、四球を出して唯一ヒットを許したフレッチャーに2安打目でピンチを拡大。大谷の3打席目の対戦を前に、初勝利を挙げた前回登板と同じくQS(6イニンおグ以上を投げて自責点3以下)目前で降板となったが、5.2回無失点2安打、2四球6奪三振でマウンドを降りた。後続の投手が大谷を三振に仕留め、レンジャーズが6点をリードして6回を終えている。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【動画】大谷は一発を確信……も、センターのHRキャッチで阻止される

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング