専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

大谷翔平はノーヒットもチーム最多の4盗塁目で快勝劇を演出! エンジェルスはホームラン攻勢でマリナーズを粉砕

THE DIGEST編集部

2021.05.02

果敢な盗塁も決めた大谷は、積極果敢な姿勢でチームに勢いをもたらした。(C)Getty Images

果敢な盗塁も決めた大谷は、積極果敢な姿勢でチームに勢いをもたらした。(C)Getty Images

 現地時間4月30日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれたシアトル・マリナーズ戦に「2番・DH」で先発出場。5打数無安打も、四球で出塁して今季4つ目の盗塁を決める奮闘ぶり。チームも10-5と快勝した。

 試合は序盤からエンジェルス・ペースで進んだ。初回、1死無塁から9球も粘った末に四球を選んだ大谷が、すかさず二盗を成功させると、3番マイク・トラウトの2ランホームランで先制。さらに5番ジャレッド・ウォルシュがソロホームランを放って加点した。

 さらに2回にも1死2、3塁のチャンスで大谷のセカンドゴロの間に1点を加えたエンジェルス。さらにトラウトを敬遠した後に4番アンソニー・レンドーンの2点タイムリーツーベースで追加点を奪取。そして5番ウォルシュのこの日2本目となる2ランホームランで突き放した。

 守っては先発のグリフィン・キャニングが5回を投げて1失点を好投。マリナーズは反撃の糸口を見出せないまま、防戦一方となる。
 
 4回に迎えた第3打席はレフトフライに打ち取られた大谷。チームがレンドーンの2ランホームランで2点を追加した6回の第4打席は、2球目のストレートを打たされてサードフライに終わった。

 その後、継投策に出たエンジェルスは、8回に2失点を喫したものの、大差をしっかりと守り切る。テンポよくゲームが進むなかで大谷は9回に最終の第5打席に立つ。

 191センチ・119キロの巨漢投手ドミンゴ・タピアと対峙した大谷は、相手の最速99マイル(約159キロ)の剛速球にやや振り遅れるシーンが目立つ。そしてカウント2-2からの7球目を巧みなバットコントロールで弾き返すも、115マイル(約185キロ)で飛んでいった打球はセンターライナーとなった。

 最終回は右のアンダースロー投手ベン・ローウェンが、相手主砲のミッチ・ハニガーに2ランホームランを浴びるも、何とか逃げ切ったエンジェルス。やはり投手陣に課題を残したものの、打線が機能しての快勝を飾った。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【動画】大谷翔平、マリナーズ戦で特大第8号アーチ! 打った瞬間の一発はこちらでチェック

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング