専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「最高の制球力だ!」“史上初の快挙”達成の大谷翔平に名将ベーカーも脱帽!「私が見た中で最高だった」

THE DIGEST編集部

2021.05.13

アストロズから10奪三振とした大谷。底知れぬ能力の高さに敵将も脱帽したようだ。(C)Getty Images

アストロズから10奪三振とした大谷。底知れぬ能力の高さに敵将も脱帽したようだ。(C)Getty Images

 投げて、打って、守っての大奮闘だった。

 現地時間5月11日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平がヒューストン・アストロズ戦に「2番・投手」で出場。今季最長の7回を投げ、被安打4、1失点。今季初の10奪三振と好投した。

 この日は最速99マイル(約159キロ)を叩き出した速球はもちろん、スライダー、さらにスプリットが冴え渡っていた。開幕から課題としていたコントロールも改善され、四球は1つ。さらに苦戦を強いられてきた初回も、先頭のホゼ・アルトゥーベに中前打を許すも、後続を12球で終わらせる上々の内容だった。

 2~4回はヒットを1本も許さなかった。とりわけ4回はキレキレのスプリットで三者連続三振に斬って取っている。唯一失点をしたのは、5回。先頭のカイル・タッカーに外角高めの速球を捉えられ、打球はレフトスタンドへ運ばれた。それでも最後まで崩れることはなく、試合をとおして完璧なピッチングを披露した。
 
 この活躍ぶりをアストロズを率いる百戦錬磨の名将ダスティ・ベイカー監督はどう見たのか。試合後、大谷について以下のように話している。

「私が見た彼のピッチングの中で最高だった。彼は95~99マイル(152.9~159.3キロ)の速球を投げていて、低めや外角に決めていたよ。最高のコマンド(狙ったところに投げる能力)とコントロールだったね。彼は本当に凄いアスリートだ。こんな投球をした後に、ライトでもプレーしたんだから」

 この試合で2006年の斎藤隆(ロサンゼルス・ドジャース)に次ぐスピードでメジャー通算100奪三振を記録した大谷。さらに開幕から5先発で40奪三振以上、被安打12未満の投球は史上初の快挙も果たした。

 もはやワンプレーごとに“偉業”を生み出している感もある大谷の一挙手一投足から目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部 

【PHOTO】全米に衝撃を与えた大谷翔平の二刀流、はじける笑顔、日本代表での秘蔵ショットも大公開!
 
NEXT
PAGE
【動画】エグすぎる!大谷の速球とスプリットのオーバーレイ動画はこちら!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング