専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「100万人に1人の逸材だよ!」元横浜主砲グリエル、大谷翔平への“過小評価”を嘆く「もっと称賛されるべき」

THE DIGEST編集部

2021.05.12

かつて横浜でもプレーし、日本のファンにも馴染みのあるグリエル(左)も、大谷(右)への賛辞を惜しまない。(C)Getty Images

かつて横浜でもプレーし、日本のファンにも馴染みのあるグリエル(左)も、大谷(右)への賛辞を惜しまない。(C)Getty Images

 現地時間5月11日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平はヒューストン・アストロズ戦で「2番・投手」として先発。勝ち星はつかなかったが、今季最長の7イニングを投げ、10奪三振・1失点の好投を披露した。

 野手としても奔走した。7回に過去の対戦でノーヒットに抑えられていた相手先発、右腕ランス・マッカラーズJr.が放った83マイル(約131キロ)のチェンジアップを叩き、ライト前ヒットを記録。さらに投手降板後の8回裏からはメジャー4年目で初めてライトの守備にも入った。

 地元紙『LA Times』のエンジェルス番であるジャック・ハリス記者は「ショウヘイはすべてをやり切っていた」と褒めちぎる。さらに26歳の日本人が魅せたハイパフォーマンスには、対戦相手であるアストロズの主力も脱帽だ。

 この日、「投手・大谷」と対峙して3打数無安打2三振と“シャットアウト”を食らったユリ・グリエルは、「本当に素晴らしかったね」と賛辞を惜しまい。

「信じられない選手だ。俺は前にも言ったことはあるんだけど、オオタニは100万人に1人の逸材だよ」

【動画】魔球スプリットで空振り三振! グリエルが唸った大谷翔平の投球シーンはこちら
 かつて横浜DeNAベイスターズでもプレーした“キューバの至宝”は、大谷が降板した8回にダメ押しの3ランアーチをマーク。それだけに完璧に抑え込まれた日本人右腕には、一種の苦手意識を植え付けられただろうか。グリエルは、投手としても野手としても活躍する大谷への過小評価を嘆いた。

「オオタニのように投げて打って走る選手は、今の野球界じゃ、世界のどこにも存在しないよ。投げて打つ彼の姿に、もっと多くの称賛が送られるべきだと思う」

 まさにオールラウンダーとして存在感を誇示する大谷。その凄みを目の当たりにしたグリエルのように、評価はさらに高まっていきそうだ。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【動画】魔球スプリットで空振り三振! グリエルが唸った大谷翔平の投球シーンはこちら

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング