専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「エグいものに進化した」大谷翔平の“魔球”スプリットに現地メディアが注目!「他球種と組み合わせることで…」

THE DIGEST編集部

2021.05.15

“宝刀”スプリットで打者を翻弄させ、次々と三振を奪う大谷。(C)Getty Images

“宝刀”スプリットで打者を翻弄させ、次々と三振を奪う大谷。(C)Getty Images

 絶大な威力を誇る、大谷翔平のスプリットが注目を集めている。

 ここまで5試合に先発登板し25.2イニングを投げた大谷は、被安打11、8失点、40奪三振で防御率2.10を記録。4月は制球に苦しむ場面も見受けられたが、それでも直球に見えて突然消えるスプリットは安定しており、多くの打者を苦しめている。

 この冴えわたるスプリットに現地メディア『Vendetta Sports Media』では、「ショウヘイ・オオタニがほとんど打たれない大きな理由は、エグいスプリットがあるからだ」と題し、以下のように掲載している。

「ショウヘイ・オオタニはユニコーンで、ダイヤモンドを歩く類まれな選手として記憶されるだろう。エンジェルスは冗談のつもりかもしれないが、オオタニは当然だと確信している。6フィート4インチ(約193センチ)の“二刀流”の武器であるスプリットは、スポーツの中でも、最もエグいものに進化した」
 
 今季40個の三振のうち、実に28個がスプリットだ。視界から消えるように急降下する球を、同メディアは「36打席で決め球として使用しており、28個の三振を生み出した。そして打率は.028と驚異的な数字を誇る。メジャーリーグの多くの投手は優秀なスプリットを開拓するが、大谷の球は極めて優れている。完全に視界から消える球には、ほとんどの打者は当てることすら出来ない」と絶賛した。

 スプリット以外にも、スライダー、カットボール、カーブを自在に操るからこそ、的を絞らせない強さがある大谷。「他球種と組み合わせることで、今後数年間はMLBで成功できる。この素晴らしいスプリットは、ほんの始まりに過ぎない」との言葉も頂戴している。

 現地でも評価される“魔球”スプリット。その磨き上げた球で、今後も名だたるメジャーリーガーから三振を奪う姿を期待せずにはいられない。

構成●THE DIGEST編集部 

【PHOTO】全米に衝撃を与えた大谷翔平の二刀流、はじける笑顔、日本代表での秘蔵ショットも大公開!
 
NEXT
PAGE
【動画】エグすぎる!大谷の速球とスプリットのオーバーレイ動画はこちら!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング