専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「ずば抜けたパフォーマンスだ!」大谷翔平“10K&無四球”の快投に現地メディアが賛辞!「エグすぎる」

THE DIGEST編集部

2021.06.05

今季5度目の“リアル二刀流”に挑戦した大谷は、スプリットを武器に10奪三振を記録した。(C)Getty Images

今季5度目の“リアル二刀流”に挑戦した大谷は、スプリットを武器に10奪三振を記録した。(C)Getty Images

 現地時間6月4日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で開催されたシアトル・マリナーズ戦に「2番・投手」として先発。6回76球を投げ、被安打4、10奪三振、2失点で4月26日以来の白星を飾った。

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

 いきなり先頭打者のJP・クロフォードに右翼スタンドへ運ばれ、暗雲が垂れ込めたが、すぐに立ち直った26歳は“伝家の宝刀”スプリットを決め球に3者連続三振に仕留め、初回をなんとか1失点で切り抜ける。

 3回は無死からテイラー・トランメルに二塁打を許し、送りバントと犠牲フライで手堅く1点を追加されるも、4回以降は三振の山を築き、計10個の三振を奪ってみせた。

 打撃では2打数無安打1四球と快音は聞かれなかったが、エンジェルスは、ジャスティン・アップトンの2ランホームラン、ホゼ・ロハスのソロホームランの一発攻勢で、3対2と見事に逆転勝利を飾った。
 
 自身のMLBキャリアで初の無四球に加え、今季最多タイの10奪三振をマークした大谷に、現地メディアも賛辞を惜しまない。MLB公式サイト『MLB.com』は、奪三振シーンの動画を添えて、「ショウヘイの球はエグすぎた」と大絶賛。エンジェルスOBの名物解説者マーク・グビザ氏も、「なんてずば抜けたパフォーマンスなんだ!」と称えている。

 今シーズン序盤戦はコントロールに悩まされた大谷だったが、徐々に精度を取り戻し、ついに無四球で投げ切った。一方、打者としては、ここ4試合で10打数無安打と調子を落としているだけに、今度はその打棒に期待したいものだ。

構成●THE DIGEST編集部 

【動画】「エグすぎ!」と称賛!今季2度目となる10奪三振を披露する大谷
 
NEXT
PAGE
【動画】「エグすぎ!」と称賛!今季2度目となる10奪三振を披露する大谷

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング