専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「ただ美しい!」大谷翔平、”爆速”弾丸19号に反響続々!現地記者からは「さすが俺のMVP」との声も

THE DIGEST編集部

2021.06.17

大谷がリーグ単独2位となる19号ホームランを放った。(C)Getty Images

大谷がリーグ単独2位となる19号ホームランを放った。(C)Getty Images

 ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は現地時間6月16日、敵地で行なわれたオークランド・アスレティックス戦に「2番・DH」で先発出場。セーフティバントを含む4打数2安打1打点、1盗塁の活躍を見せたものの、チームは逆転負けで4対8で連敗となった。

 この試合の“ハイライト”は、やはりエンジェルスの2回、大谷の第2打席だ。

 相手左腕コール・アービンの初球スライダーを振り抜いた打球は、強烈な音とともに一瞬でスタンドイン。飛距離435フィート(約132.6m)、打球速度110.9マイル(約178.5キロ)の一発は2試合連続の19号ホームランとなり、リーグ単独2位に躍り出ている。
 
 この強烈アーチには驚きの声が多数届いている。エンジェルス公式ツイッターは「昨日のホームランをコピー&ペーストしているわけではない」として動画を投稿。前日の一発は185キロの弾丸ライナーでスタンドイン、さらに同じく左投手から打っていた。

 さらに地元放送局『Bally Sports West』も「ただ美しい……」としてこの一発を伝えたかと思えば、『CBS Sports MLB』のダニー・ビレッティ記者も「さすが俺のMVP」として、誇らしげに称賛の声を上げていた。

 もっとも、大谷のホームランが2試合連続で空砲に終わったのは残念なところ。この日も”いつも通り”救援陣が炎上して試合を落とすことになった。同地区相手に3連敗という浮上のきっかけを逃したエンジェルスは、大谷が登板予定の明日から再び浮上できるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】大谷、”爆速”19号圧巻ホームランがこれだ!
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング