専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

大谷翔平、6回1失点と上々の内容で降板。2三振の元三冠王カブレラがFワードで「クソッ」と悔しがる場面も

THE DIGEST編集部

2021.06.18

制球を乱して毎回のようにランナーを出した大谷。それでも要所を締めるピッチングは見事だった。(C)Getty Images

制球を乱して毎回のようにランナーを出した大谷。それでも要所を締めるピッチングは見事だった。(C)Getty Images

 現地時間6月17日に本拠地で行なわれたデトロイト・タイガース戦に、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は「2番・投手」で先発。今季7度目の“リアル二刀流”に臨んだ。
【動画】ピッチングニンジャも「アンフェアだ」と嘆いた大谷翔平の奪三振シーンはこちら

 注目の出だしは、やや制球を乱した大谷。だが、1死1、2塁と得点圏にランナーを出塁させたが、相手の4番で、2012年の三冠王であるミゲル・カブレラを96マイル(約154キロ)のフォーシームで空振り三振に取ると、続く5番ハロルド・カストロはライトフライに打ち取って難を逃れた。

 その裏、MLBデビューを飾った相手先発マット・マニングと対峙した第1打席で、冷静に四球を選んで出塁した背番号17。2回のマウンドは1死からアキル・バドゥーにライトへ長打を打たれるも、3塁で憤死させる味方守備陣の好守にも救われ、わずか5球で乗り切る。

 チームが2点を先行して迎えた3回も2個の三振を奪う力投。危なげなく三者凡退で乗り切った大谷は、その裏の攻撃で先頭打者として第2打席を迎えるが、ここはファーストゴロに打ち取られてしまう。

 4回は、先頭のジェイマー・キャンデラリオにセーフティーバントを決められ、続くカブレラは死球で出塁され、無死1、2塁のピンチを招く。だが、後続を難なく抑えて、チームが握った主導権を相手に渡さない。
 
 勝利投手の権利が懸かった5回も先頭のバドゥーにレフト前ヒットを打たれて出塁されるも、8番のウィリー・カストロをシュートゴロ、9番のダズ・キャメロンをショートへのダブルプレーに打ち取って切り抜ける。

 要所を締めた大谷は、上位打線と対峙する6回は、1死無塁で2番のジョナサン・スコープに甘くなったスライダーを捉えられて、ソロホームランを打たれてしまう。

 だが、ここで大きく崩れないのが、今季の大谷だ。3番キャンデラリオを最速98マイル(約158キロ)の速球を投げ込んでピッチャーゴロに打ち取ると、4番カブレラは81マイル(約130キロ)の切れ味鋭いスライダーで空振り三振に。この時、殿堂入り間違いなしと言われるベテランスラッガーはFワードを用いて「クソッ」と悔しさを露わにした。

 結局、大谷はこの回を投げ切って降板。6回(78球)、被安打5、5三振、2四死球、1失点という内容だった。

構成●THE DIGEST編集部
【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング