専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「リーグで最も愛らしい選手だ!」大谷翔平が見せた“紳士的振る舞い”を米記者称賛!「好きな理由がまた一つ増えた」

THE DIGEST編集部

2021.06.24

初の粘着物質検査に笑顔で対応した大谷。その爽やかな振る舞いに称賛の声が寄せられている。(C)Getty Images

初の粘着物質検査に笑顔で対応した大谷。その爽やかな振る舞いに称賛の声が寄せられている。(C)Getty Images

 サムライ戦士がプレー以外でもさすがの対応だ。

【動画】初の粘着物質検査に笑顔で対応する大谷、称賛が寄せられた実際のシーンをチェック

 現地時間6月23日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたサンフランシスコ・ジャイアンツ戦に「2番・投手」で先発出場。打っては3打数無安打2三振、投げては今季4勝目を逃したものの、6回6安打1失点、2四球9三振と好投を見せた。

 2、4回終了時には、審判団によるボディチェックを受けた大谷。異物付着(滑り止めのロジン以外)の有無を調べる初めての検査となったが、自ら帽子とグローブを差し出し、嫌な顔一つ見せずに終始笑顔で協力した。その爽やかな振る舞いに、米記者からも称賛の声が寄せられている。
 
 まず反応を寄せたのは、米メディア『Barstool Sports』のジャレッド・カラビス記者。「100回投げていながら本塁打数がリーグトップの男は恐ろしいと思うだろうけど…」と投打にわたる驚異的な強さを前置きしたうえで、「彼はおそらくリーグで最も愛らしいプレーヤーなんじゃないかな」と、その優れた人間性を伝えている。

 さらに、米メディア『masslivenews』のクリス・メイソン記者は「投手が憤慨せずにグローブを渡すことは可能だ。ショウヘイ・オオタニを好きになる理由がまた一つ増えた」とツイート。米スポーツ放送局『NBC Sports』のD.J.ショート記者も「オオタニはエリート級の優しさを兼ね備えた、まさにトリプルスレットだ」と称賛した。

 フィールド上だけでなく、人柄でも観るものを魅了する大谷。開幕から快進撃を続けているが、はたして今後どのようなパフォーマンスを見せるのか。その活躍から目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部
NEXT
PAGE
【動画】初の粘着物質検査に笑顔で対応する大谷、称賛が寄せられた実際のシーンをチェック

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング