専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「酷いを通り越したジャッジだ!」大谷翔平が思わず固まったストライク判定に批判殺到!「際どくもないだろ」

THE DIGEST編集部

2021.07.22

アスレティックス戦で3三振を喫した大谷。だがそのなかで起きた「ストライク判定」が物議を醸している。(C)Getty Images

アスレティックス戦で3三振を喫した大谷。だがそのなかで起きた「ストライク判定」が物議を醸している。(C)Getty Images

 大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)に対する厳しいジャッジが波紋を広げている。

 事の発端となったのは現地時間7月20日、エンジェルスが敵地に乗り込んだオークランド・アスレティックス戦でのワンシーン。この日も「2番・DH」で先発出場した大谷が、2打数ノーヒット(1四球2三振)として迎えた7回表の第3打席だった。
【動画】大谷翔平が思わず固まった…アスレティックス戦での物議を醸したジャッジはこちら

 相手右腕セルヒオ・ロモが、カウント1ボールから外角へ投じた77マイル(約133キロ)のスライダーは、ストライクゾーンから大きく外れた……かに見えたが、主審は「ストライク!」とコール。これには、自信を持って見逃していた大谷も、打席内で「えっ」と納得のいかない表情を浮かべた。

 結局、この打席は空振り三振で決着。しかし、MLB公式サイト『MLB.com』が公開しているヒットチャートで見ても2球目は明らかなボールだった。ちなみに同じように外角へ投じられた1球目と4球目はボール判定となっている。

 このビル・ミラー主審のジャッジは現地メディアでも小さくない騒動に発展。地元放送局『Bally Sports West』の解説者マーク・グビサ氏は「ベースから1フィート(30センチ)も離れているじゃないか。際どくもないだろ。ショウヘイは平静を装っているが、ボールなのは分かっている」と一刀両断。さらに米スポーツ専門サイトの『TLM Sports』はツイッターで「爆笑ものだ」と皮肉った。
 
「もはや『酷い』を通り越した球審のジャッジだ。ずっと昔から、必要なのはロボット審判だ。オオタニのような選手に正義を」

 さらに米放送局『NLF Network』のアダム・ランク記者は、ヒットチャートを公開したファンのツイートを引用し、「オークランドの審判は良い1日を過ごした」と訴えた。

「3つもの酷く、間違いが明確だった判定が正しいものに覆された。しかし、7回に登板したアスレティックスのセルヒオ・ロモが判定する機会を得ているのなら、それも致し方がないのかもしれない」

 今月10日(現地時間)に行なわれたシアトル・マリナーズ戦でも、「明らかなミスジャッジ」に悩まされた大谷。好調を維持してきた27歳のサムライは、こうした不可解な判定にも動揺せずに、結果を残し続けられるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部
【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る
NEXT
PAGE
【動画】大谷翔平が思わず固まった…アスレティックス戦での物議を醸したジャッジはこちら

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング