専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
侍ジャパン

「勇気づけるホームラン」メキシコ戦で4打点の山田哲人を稲葉監督も絶賛!【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.07.31

大事な試合で最高の仕事を見せた山田。さすがは長きにわたって日の丸を背負ってきた男だ。)(C)Getty Images

大事な試合で最高の仕事を見せた山田。さすがは長きにわたって日の丸を背負ってきた男だ。)(C)Getty Images

 野球日本代表がメキシコ戦に7対4で勝利し、1次リーグA組の1位を確定させた。初回に先制点を許したが、2回に同点に追いつくと、3回には坂本勇人の好走塁などで逆転に成功。その後も侍ジャパンは2本のホームランなどで着実に加点し、稲葉篤紀監督も「非常に今日は効率よく点がとれたと思います」と振り返った。

 10安打を放った打線で光ったのは、3ランを含む2安打4打点を記録した山田哲人(ヤクルト)の活躍だ。チームが逆転した後の4回に、1死一、三塁のチャンスで高めのボールを叩くと、打球はレフトスタンドに吸い込まれた。
 
 本人も「コンパクトにしっかり狙い通りのバッティングが出来た」と語るこの一発で、侍ジャパンのリードは4点に広がった。稲葉監督も「チームを非常に勇気づけるホームランだった」と振り返る。チームの大会初本塁打を放った山田は、プレミア12(2015、19年)、WBC(17年)と併せた3大会でホームランを記録した初の選手になった。 

 また、8回にも2死からセンター前へタイムリーを放つと、すかさず次の投球でこの試合2つ目の盗塁を難なく成功。こちらは得点につながらなかったが、短期決戦での勝負強さに加えて持ち前のスピードも発揮した。稲葉監督が試合後に語った「一つ一つ、我々の野球をしっかりやっていく」という方針を遂行するために、打って走って存在感を示せるリードオフマンは不可欠だろう。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】予選リーグ全勝!首位通過で決勝トーナメントへ!侍ジャパンの激闘をベストショットで一挙公開!
 

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング