専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

侍ジャパンの金メダル獲得を韓国メディアはどう見た?「何度も“復活”が可能なようにした」【東京五輪】

THE DIGEST編集部

2021.08.08

栗林らを筆頭に投手力で勝ち切った日本を韓国メディアはどう見たのか。(C)Getty Images

栗林らを筆頭に投手力で勝ち切った日本を韓国メディアはどう見たのか。(C)Getty Images

 侍ジャパンが勝利の美酒に酔いしれた。

 8月7日、横浜スタジアムで行なわれた東京オリンピック野球の決勝で、日本はアメリカに2対0で完勝。1992年のバルセロナ大会から6度目の参戦で初となる金メダルを手にした(公開競技だった1984年ロサンゼルス五輪からは37年ぶり)。

 文字通りの大一番で投手力が冴えた。5回に村上宗隆(ヤクルト)のソロホームランで均衡を破った侍ジャパンは、先発の森下暢仁(広島)から千賀滉大(ソフトバンク)、伊藤大海(日本ハム)、岩崎優(阪神)と繋ぎ、最後は守護神の栗林良吏(広島)が3人でピシャリ。横浜の4番タイラー・オースティンらを擁するアメリカ打線を一切寄せ付けなかった。

 5戦無敗とホスト国としての意地と地力を発揮した日本が栄冠を掴んだという一報は、韓国でも小さくない話題となっている。韓国メディア『Newsen』は、「死活かけた日本が、全勝で史上初の金メダルを掴む」と速報。僻みとも取れるような内容で“ライバル”の勝利を伝えた。
 
「ついに野球が復活した東京でのオリンピックでの優勝に死活をかけた日本は、万一の事態に備え、何度も“復活”が可能なように、複雑なノックアウトステージを計画した。しかし、彼らはそれを必要としなかった。敗者復活戦に一度も落下せずに5戦全勝で史上初の五輪優勝を決めたのだ」

 一方で、無冠に終わった母国代表と日本を比較して、危機感を募らせるメディアもある。日刊紙『中央日報』が「日韓で悲喜が交錯したオリンピックとなった」と記せば、地方紙『スポーツ東亜』も「韓国は決勝に進んだ日本とアメリカに連敗を喫した。冷静に言って、両国との実力差が明らかな敗北だった。我々はこのオリンピックであまりに多くのことを失った」と分析した。

 横浜の夜に快哉を叫んだ日本。彼の姿は、韓国の野球ファンやメディアにも鮮烈な印象を与えたようである。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】見事に金メダル獲得! 栄冠を掴んだ侍ジャパン24名を激選ショットで一挙紹介

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング