専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
高校野球

【評価上昇!ドラフト候補10選:野手】前川、皆川の打力は出色。捕手では中川だけでなく甲子園不出場組に原石

西尾典文

2021.09.01

甲子園を沸かせた前川、池田、金子(右上から反時計回り)や好捕手の中川はもちろん、夢破れた選手にも魅力ある選手が多数。写真:塚本凜平(THE DIGEST写真部)

甲子園を沸かせた前川、池田、金子(右上から反時計回り)や好捕手の中川はもちろん、夢破れた選手にも魅力ある選手が多数。写真:塚本凜平(THE DIGEST写真部)

 智弁和歌山の21年ぶり3度目の優勝で幕を閉じた夏の甲子園。今年は国体も中止となり、U18侍ジャパンも結成しないことが決定したため高校生ドラフト候補がアピールする場は残されていないが、地方大会も含めて最後の夏に目立った選手を投手、野手10人ずつピックアップして紹介したい。今回は野手編だ。

●味谷大誠(花咲徳栄・捕手)
 残念ながら埼玉大会の5回戦で敗れたが、甲子園に出場していたら間違いなく注目を集めていた強肩捕手。速さももちろんだがコントロールも抜群で、実戦でも度々見事なスローイングを見せた。昨年秋は下位を打つことが多かった打撃も大きく成長。スウィングが見違えるように力強くなり、左方向へも鋭い当たりを放つ。たくましい身体つきだが脚力も申し分なく、万能型の捕手としてプロ入りの期待も高い。

●松川虎生(市和歌山・捕手)
 選抜でも強肩強打で目立ったが、この夏も厳しいマークの中でしっかり結果を残してみせた。実際に試合を見たのは和歌山大会準決勝の高野山戦。第1打席で犠牲フライ、第2打席でタイムリーを放つと、第4打席では試合を決めるホームランをレフトスタンドに叩き込んだ。柔らかいスウィングでインパクトの強さも抜群。守備面で丁寧さが出てくれば、プロでも打てる捕手として期待できそうだ。
 
●中川勇斗(京都国際・捕手)
 夏の甲子園で最も目立った捕手といえば、この中川になるだろう。選抜と比べても攻守ともに大きくレベルアップし、すっかりドラフト候補らしくなった。ミットをきっちり止めるキャッチングは高校生離れしており、速くて正確なスローイングも一級品。170㎝と小柄だがパンチ力もあり、甲子園でも2本のホームランを放った。若手捕手が不足している球団には非常に魅力的な選手である。

●金子京介(盛岡大付・一塁手)
 岩手大会では5試合連続本塁打をマーク。筆者が見たノーゲームとなった一関学院での試合でも3安打を放つなど、強打者揃いのチームの中でも圧倒的な存在感を示した。パワーはもちろん、無駄のないスウィングは力任せではなく、スムースに強く引っ張ることができ、確実性の高さも光る。甲子園では一発こそ出なかったものの、度々鋭い当たりを放った。大学進学という話だが、プロ志望となれば指名される可能性は高そうだ。

●田村俊介(愛工大名電・一塁手兼外野手)
 背番号1を背負ったが、将来性を感じるのはやはりバッティングの方だ。甲子園では初戦で東北学院に敗れたものの、8回には逆風をものともしないライトへのホームランを放ち、その長打力を見せつけた。下半身の強さが目立つバランスの良いスウィングで、捉えた時の打球は迫力十分。本人は投手、野手両面で勝負したいとコメントしているが、野手に専念すればプロでも中軸を狙えるだけのポテンシャルの持ち主である。

【夏の甲子園PHOTO】2年ぶりに開催された夏の甲子園のベストショットを一挙公開!
NEXT
PAGE
地方大会で散るも、粟飯原はじめショートに好素材が

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング