専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「間違っているとは言わないが」大谷翔平への徹底した“四球攻め”に賛否の声!現地記者が反応「故意四球の禁止に賛成する」

THE DIGEST編集部

2021.09.25

直近3試合で15打席11四球という大谷。この戦略には、現地でも賛否両論が分かれているようだ。(C)Getty Images

直近3試合で15打席11四球という大谷。この戦略には、現地でも賛否両論が分かれているようだ。(C)Getty Images

 あまりの“避けられぶり”に様々な意見が飛び交っている。

【画像】大谷翔平もガックリ。四球後に見せた貴重な表情をチェック

 現地時間9月24日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたシアトル・マリナーズ戦に「2番・DH」で先発出場。チームが5対6と惜敗を喫したなか、またもや1打数1三振4四球と勝負を避けられる展開となり、3試合連続のノーヒットに終わった。

 第1打席で先発右腕のローガン・ギルバートから空振り三振を喫すると、大谷はそこから徹底した“四球攻め”を受ける。2死二塁の3回第2打席は2ボールから申告敬遠となり、5回の3打席目は四球を選択。投手交代後もその流れは変わらず、第4打席で四球、第5打席で2度目の敬遠を申告された。
 
 この戦略には現地でも賛否の声が上がっており、エンジェルス公式ラジオ局のトレント・ラッシュ氏は「オオタニへチャンスが巡ってこないことにイライラしている」と正直な心境をツイート。「故意四球の禁止に賛成だ。投げれないなら、四球とするわけではない」との私見を示している。

 一方、現地メディア『Rockets Wire』のベン・デュボース氏は「間違っているとは言わないが、あの判断はどうかと思う」と同シーンを評価。『SB Nation』のマリナーズブログ『Lookout Landing』も「故意四球へ腹を立てるなら、オオタニが自らの意思で、後ろにフィル・ゴセリンを配するチームへ入ったことを考えてはどうだろうか」と呟いた。

 前々日、前日のヒューストン・アストロズ戦と合わせて3戦11四球という数字で、MLBタイ記録&ア・リーグ新記録を樹立した大谷。はたして残りわずかとなった試合でも、このまま勝負を避けられ続けてしまうのだろうか。今後の戦いに注目していきたい。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る
NEXT
PAGE
【画像】大谷翔平もガックリ。四球後に見せた貴重な表情をチェック

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング