専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【2021ドラフト候補ランキング最終版:11~20位】大谷翔平と比較される大砲に加えて大学ナンバーワン捕手も登場<SLUGGER>

西尾典文

2021.10.08

左から広島新庄・花田、岐阜第一・阪口、北海・木村。いずれも将来性の高い高校生たちだ。写真:滝川敏之、西尾典文

左から広島新庄・花田、岐阜第一・阪口、北海・木村。いずれも将来性の高い高校生たちだ。写真:滝川敏之、西尾典文

 1月と6月に公開した2021年ドラフト候補ランキングは今回が最終版だ。前回のランキング発表後に行なわれた高校野球の地方大会と甲子園大会、社会人野球日本選手権と都市対抗予選、大学野球の秋季リーグ戦を踏まえ、順位にも大きな変動があった。20~11位には多少粗削りでもスケールの大きい選手が複数入っている。

▼20位:花田侑樹[投手・広島新庄高](前回順位:18位)
(はなだ・ゆうき/右投左打)
将来像:東浜巨(ソフトバンク)
中国地区を代表する高校生右腕。細身だがバランスの良いフォームで、肘を柔らかく使い球持ちの長さも光る。選抜以降は肘を痛めて状態が心配されたが、夏の甲子園でも見事な投球を見せている。投手としてのセンスの高さは高校球界でも屈指で、上背に見合うだけの筋力がついてくれば世代を代表する投手になることも十分に考えられる。
タイプ診断:#急上昇 #フォーム◎ #将来性◎

▼19位:有薗直輝[三塁手・千葉学芸高](前回順位:17位)
(ありぞの・なおき/右投右打)
将来像:岡本和真(巨人)
今年の高校球界を代表する強打の三塁手。1年夏から4番を任され、昨年は試合が少なかったにもかかわらず高校通算本塁打は70本を数える。高校生とは思えない堂々としたたくましい体格でパワーは十分。サードから見せるスローイングもプロでも上位に入る迫力だ。将来の中軸候補が欲しい球団は上位で指名する可能性も十分あるだろう。
タイプ診断:#強打のサード #強肩 #新興勢力
 
▼18位:石森大誠[投手・火の国サラマンダーズ](前回順位:16位)
(いしもり・たいせい/左投左打/遊学館高→東北公益文科大)
将来像:松井裕樹(楽天)
今年からスタートした九州アジアリーグで注目を集める本格派サウスポー。チームでは抑えを任され、リーグトップのセーブ数と15を越える驚異の奪三振率をマークした。対戦相手のレベルを危惧する声もあるが、ソフトバンクの三軍を相手にもストレートで圧倒するピッチングを見せている。隠れたリリーフの即戦力候補と言えるだろう。
タイプ診断:#急上昇 #独立リーグ #本格派サウスポー

▼17位:長谷川稜佑[投手・青森大](前回順位:12位)
(はせがわ・りょうすけ/右投右打/足立学園高)
将来像:有原航平(レンジャーズ)
春のリーグ戦では最速155キロをマークした本格派右腕。安定感には欠けるところがあるものの、ストレートだけでなく決め球となるスライダー、フォークも一級品でボール自体の力は上位候補に相応しいだけのものがある。大舞台での実績はなく、この秋あまり目立った投球ができていないのは気がかりだが、スケールの大きさは大学生のなかでもトップクラスだ。
タイプ診断:#急上昇 #地方リーグ #剛腕

▼16位:畔柳亨丞[投手・中京大中京高](前回順位:8位)
(くろやなぎ・きょうすけ/右投右打)
将来像:森唯斗(ソフトバンク)
 選抜高校野球では140キロ台後半のストレートで押すパワーピッチングを披露。準決勝では右肘の不調を訴えて降板し、その後の経過が心配されていたが、夏にはしっかりと状態を上げてその不安を払拭して見せた。上背はそれほどないものの、フォームの躍動感があり、手元で浮き上がるようなストレートは大きな魅力だ。プロではセットアッパー、クローザーとして勝負するのも面白いだろう。
タイプ診断:#剛腕 #安定感
 
NEXT
PAGE
今年の高校球界を代表する左のスラッガーに注目だ

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング