専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「よくぞ素晴らしい選手が残ってくれた」巨人・原監督は「90点以上」と納得の表情! 指名7人中6人が投手

THE DIGEST編集部

2021.10.12

今年は5年ぶりにクジ引き役を避けた原監督。充実したドラフト結果に「90点以上」と高評価した。写真:滝川敏之

今年は5年ぶりにクジ引き役を避けた原監督。充実したドラフト結果に「90点以上」と高評価した。写真:滝川敏之

 10月11日、都内にて行なわれたプロ野球ドラフト会議で、大学最強左腕・隅田知一郎(西日本工業大)に1度目の入札を行なった巨人は、西武、広島、ヤクルトとの4球団競合に敗北。外れ1位で最速157キロを投げる翁田大勢(関西国際大)の交渉権を獲得した。

 以降は、山田龍聖(JR東日本)、赤星優志(日本大)、石田隼都(東海大相模高)、岡田悠希(法政大)、代木大和(明徳義塾高)、花田侑樹(広島新庄高)といった顔ぶれ。投手6人、野手1人という、手薄な投手陣の強化を狙う指名となった。
 
 この結果を受け、オンライン会見に現れた原辰徳監督は「思っていた以上の選手たちを指名できた。投手中心になったが、バランスの取れたいいドラフトだったと思う」と充実した表情。「左のパワーヒッターを指名することもできたし、大きく育てていきたい」と今後を見据えた。

 また、7人中6人が投手という内訳については「非常に優れた投手が多かった。もちろんバランス的に言えばもう少し野手もというところだが、ジャイアンツ全体のバランスを含めて、今年はピッチャーで行く形がベストだと我々のなかで考えた」と、振り返っている。

 さらに、ドラフト全体を「90点以上」と採点し、「上位指名はもちろん、4~7位も非常に魅力ある選手。よくぞこういう素晴らしい選手たちが残ってくれた」と語った原監督。指名した7選手へは「どうか選手の皆さんは大きな夢と希望をもってジャイアンツの一員として来てくれることを待っております」とメッセージを送った。

構成●THE DIGEST編集部

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング