専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

サード“再転向”も考慮!? 外野手が埋まるマリナーズが鈴木誠也獲得に燃える理由「強烈な打力のために手段を選ばない」

THE DIGEST編集部

2021.11.19

日本で獲得した4度のゴールドグラブはいずれも外野手でのもの。そんな鈴木の内野手へのコンバート話が話題となっている。(C)THE DIGEST

日本で獲得した4度のゴールドグラブはいずれも外野手でのもの。そんな鈴木の内野手へのコンバート話が話題となっている。(C)THE DIGEST

 激動のレギュラーシーズンが終わり、注目度が高まっているMLBのストーブリーグ。数多のスター選手たちの動向が注目を集めるなか、複数メディアでクローズアップされているのが、広島からのポスティング・システムの申請を明言した鈴木誠也だ。
【動画】MLBも魅了する圧倒的な打力! 鈴木誠也が放った特大アーチをチェック

 当然の関心ではある。今季のレギュラーシーズンで132試合に出場した27歳は、打率(.317)と出塁率(.433)でリーグ2冠を達成。さらに本塁打(38本)でもキャリアハイの数字を残したほか、88打点、OPS. 1.072と、桁違いの打力を披露した。

 NPBで確かな実績を残した鈴木の評価は、まさにうなぎ上りだ。一部現地メディアからは「日本のトラウトと呼ばれるスズキに賭けるべき」という声もあり、獲得に乗り出したとされるチームは10球団以上と報じられている。

 いまや世界の注目を集める“広島の至宝”の獲得競争。そのなかでとりわけ熱心とされているのが、シアトル・マリナーズだ。

 21年ぶりのポストシーズン進出に向け、今オフの補強が重要となるチームは、中長期的に主軸になり得るスラッガー探しに躍起になっている。事実、ジェリー・ディポトGMは、今月9日のGM会議後に「日本人選手を抜きにして、シーズンをスタートさせるつもりはない。間違いなく獲得するチャンスはある」と、どの球団よりも早く獲得レース参戦を公言していた。
 
 しかし、マリナーズ外野手の陣容はタレント過多とも言える。ジェイク・フレイリー、ジェレッド・ケルニック、ミッチ・ハニガーとレギュラークラスに加え、カイル・ルイス、テイラー・トランメル、フリオ・ロドリゲスなどトッププロスペクトの逸材も居並ぶのだ。

 それだけに内野手として抜擢する可能性もにわかに浮上する。MLBの移籍情報に詳しい専門メディア『MLB Trade Rumors』は「スズキが不定期ながらサードとして起用される可能性はある」と指摘した。

「彼はキャリアの早い段階で三塁手としてプレーした経験を持つが、その後はライトに定着。そこで4つのゴールドグラブ賞を獲得した。あるMLBスカウトも『スズキはメジャーでバランスの取れたレギュラークラスの右翼手になれるが、内野は実用的ではない』としている。

 しかし、チームには多くの外野手オプションがあるため、驚きの起用もあるかもしれない。マリナーズは少なくともパートタイムで内野に戻ることができると確信している可能性がある。いずれにしても強烈な打力を持つスズキを使うために、ユニークな起用法だろうと手段を選ばないと考えているのかもしれない」

 実は「9番サード」として二軍ながらプロデビューを飾っていた鈴木。ゆえに「我々は彼をずっとスカウトし続けている」と語るディポトGMをはじめとしたマリナーズ首脳陣が、定期的な内野手起用というコンバートプランを練っていても、おかしくはない。

 いずれにしても競合は必至とみられる。それだけに今後も米メディアで鈴木の動向を巡る報道は、あらゆる話題を提供してくれそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】ついにメジャー挑戦へ! “広島の至宝”鈴木誠也の厳選ショットを一挙公開
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング