専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「160イニング&防御率3.70以下で買ってあげる」ストローマンが“男気”サプライズ!他球団の若手に高級時計をプレゼント?

THE DIGEST編集部

2022.01.12

他球団の若手に高級時計をプレゼント!? WBCのMVP右腕ストローマン(右)の男気に、マッケンジー(左上)とトゥーサン(左下)は応えられるか?」(C)Getty Images

他球団の若手に高級時計をプレゼント!? WBCのMVP右腕ストローマン(右)の男気に、マッケンジー(左上)とトゥーサン(左下)は応えられるか?」(C)Getty Images

 MLBはロックアウトに突入してからほぼ動きがなく1か月以上が経過。予定されている4月の開幕にも暗雲が立ち込めている。そんななかで現地時間1月11日、ある若手投手のつぶやきを見た“エース右腕”の、面白い提案が話題を呼んでいる。

「フルーテッドベゼルのロレックスがほしいなぁ」と自身のツイッターを更新したのは、クリーブランド・ガーディアンズの若手右腕トリスタン・マッケンジーだ。196センチ、74キロの長身痩躯な右腕はマイナー時代から将来が期待され、メジャー2年目の昨季は120イニングを投げて5勝を挙げた。

 もっとも、メジャーの年俸システムはおおむねデビューから3年はどれだけ好成績を残してもメジャー最低年俸に毛が生えた程度しかもらえず、マッケンジーの21年年俸は57万5300ドル(約6600万円)だった。一般的には相当な高給だが、まだ24歳とあってそこまで贅沢な暮らしをしていないのか、件の平均100万円以上する高級時計をおいそれと買うわけにはいかないのかもしれない。

 しかし突然、マッケンジーの下に「ロレックスを買ってあげよう!」と申し出がされたのだ。声の主はロックアウト直前にシカゴ・カブスへと移籍したマーカス・ストローマンだ。

【動画】さすがの反射神経! ストローマンが“魅せた”衝撃バックキャッチ
 
 トロント・ブルージェイズとニューヨーク・メッツで活躍し、ここまでオールスター&ゴールドグラブを1回ずつ獲得している右腕は、2017年WBC米国代表を金メダルに導き、大会MVPも受賞している。昨季は10勝13敗と負け越したが、リーグ最多33先発をこなし、8位の防御率3.02をマークして、3年7100万ドル(約81億9000万円)の大型契約でカブスに入団した。

 かなりのSNSジャンキーで歯に衣着せぬ発言もいとわないストローマンだが、たまたま目にしたマッケンジーのツイートを見て、100万円以上すると思われる高級時計をプレゼントする“男気”が話題を呼んでいるのだ。もっとも、ストローマンはこれに条件を付けた。

「160イニング以上を投げて、防御率3.70以下ならね」

 マッケンジーはマイナーを含めて自己最多イニングは143.0回、昨季は防御率4.95だったため、課したハードルは相当に高いが、これももしかしたら、若手右腕に発破をかけるためにあえて難易度を上げたのかもしれない。

 そして、このやり取りは2人だけに終わらなかった。アトランタ・ブレーブスのトゥキ・トゥーサンも「この条件はみんなに適応される?」と返答して便乗を狙うと、これにもストローマンは「もちろんキミにもさ! ぜひロレックスを手にいれてくれ」として、“公衆”の前で約束をしている。

 昨シーズンのMLBにおいて、160イニング以上をクリアした投手は計39人、防御率3.70以下だったのは22人しかいなかった。ストローマンはともにクリアしたうちの一人だが、果たしてマッケンジーとトゥーサンはこの高きハードルを乗り越えられるのか。その時はロレックスを手にするのはもちろん、両者が球界有数の投手としての地位も確立したことを意味している。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

【PHOTO】“歴史的なシーズン”をホームランで締め括る!二刀流で大躍進を遂げた大谷翔平の2021年を厳選!

 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング