専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

トラウトよりもアンタッチャブル!? 米メディアが大谷翔平を“放出できない選手”に選出「間違いなく世界一の実力者」

THE DIGEST編集部

2022.01.13

投打で異次元の活躍ぶりを見せつけた大谷。彼の昨季のパフォーマンスは球界でも特筆すべきものがある。(C)Getty Images

投打で異次元の活躍ぶりを見せつけた大谷。彼の昨季のパフォーマンスは球界でも特筆すべきものがある。(C)Getty Images

 群雄割拠のMLBにあっても、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)の存在感は頭抜けている。それをあらためて知らしめるような特集を米スポーツ専門メディア『theScore』が組んだ。
【動画】「ゴジラ越え」の圧巻アーチ! 大谷翔平の日本人史上最多のホームラン

 特集のタイトルは、ずばり「各球団の放出できないアンタッチャブルな選手たち」。その名の通り、チームごとに絶対に必要不可欠な選手を紹介する内容となっている。そのなかでエンジェルスの「アンタッチャブルな存在」として大谷がピックアップされたのだ。

 もっとも、当然の選出とも言える。打っては本塁打王争いに最後まで絡む46ホーマーを放ち、100打点、103得点をマーク。投げても23先発で130.1回、防御率3.18、156奪三振と圧巻のパフォーマンスを披露。さらに、あのベーブ・ルースでも成しえなかった史上初となる投打5部門での「クインタプル100」(イニング、奪三振、安打、得点、打点)をやってのけ、まさに球史を変えた男となったのだ。

 誰もが不可能と考えた二刀流で一大センセーションを巻き起こした。そんな大谷はいまや過去3度のMVP受賞者であるマイク・トラウトをも凌駕する。「間違いなく世界一の実力者であり、今回の特集のなかで最も容易い選択だった」とした『theScore』は、こう論じている。
 
「彼の選出は最も妥当であり、考える必要がなかった。昨季のア・リーグMVPは46本塁打、100打点、26盗塁、投げては23試合で防御率3.18、156奪三振をマーク。それでいて、彼の今季年俸は、わずか550万ドル(約6億500万円)に過ぎないのだ」

 なお、同特集では、他にブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)やフェルナンド・タティースJr.(サンディエゴ・パドレス)、ジェイコブ・デグロム(ニューヨーク・メッツ)など、球界を代表する選手たちが選ばれている。

 そのなかにあって、「最も容易い選択」とされたのは、大谷の偉才ぶりを如実に物語る一例だと言えそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

【PHOTO】“歴史的なシーズン”をホームランで締め括る!二刀流で大躍進を遂げた大谷翔平の2021年を厳選!
NEXT
PAGE
【動画】「ゴジラ越え」の圧巻アーチ! 大谷翔平の日本人史上最多のホームラン

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング