専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
高校野球

大会屈指の強打者・佐々木麟太郎をいかに封じたか。市立和歌山のエース米田天翼が見せた“勝てる投手”の理想形

氏原英明

2022.03.23

今大会でもトップクラスの打力を誇る強打者・佐々木(右)。この花巻東の主砲を米田はいかにして封じ込めたのか。写真:滝川敏之

今大会でもトップクラスの打力を誇る強打者・佐々木(右)。この花巻東の主砲を米田はいかにして封じ込めたのか。写真:滝川敏之

 甲子園における経験の差を感じさせる試合だった。

 市立和歌山のエース米田天翼と、大会屈指の強力さを誇る花巻東打線の対決が注目されたが、選抜高校野球大会5日目の第1試合は、昨春のセンバツを経験していた米田が9回9安打4失点で完投勝利を収めた。

「甲子園練習もなく、開会式の入場行進も初日の6校だけということで、本当に甲子園の土を踏むのがぶっつけというなかで、エースの米田は技術的には伸びていませんけど、去年の経験を活かしてくれたかなと思います」

 市立和歌山の半田監督はそう振り返った試合の立ち上がりは、花巻東打線が攻勢を強めた。米田の出鼻を攻め、1回表に2本の安打などで1点を先制した。

 ただ、市立和歌山のエースも、無死・2、3塁のピンチを招いたこのイニングで、相手の3番・佐々木麟太郎、そして4番・田代旭を連続三振に切って取るなど、強力打線を封じるきっかけを掴んではいた。

 なかでも光ったのは、インコースを厳しく使うピッチングだ。初回に対峙した今大会屈指のスラッガーである佐々木に対して見せたが、インコースの高めにストレートを意識的に使い、会心のスイングを許さなかった。

 市立和歌山の半田監督は、この攻め方について、こう言う

「佐々木くんに対してだけではないのですが、田代くんや宮沢くんなど中心となる打者にはもっとインコースを使っていこうと。言い方は悪いですが、『ぶつけていいくらいの気持ちでいけ』という話はしました。佐々木くんは長打を狙ってきていましたので、腕が伸びるところで勝負するよりも、インコースというのはありました」

 さらに米田のピッチングを際立たせたのは、ストレート、ツーシーム、スライダーといった3球種の球速帯が近かったことだ。

 ストレートは最速で142キロ、スライダーが130キロくらいで、ツーシームは133キロとほぼ似通っていた。これは昨年のエース・小園健太(現DeNAベイスターズ)も実践していたスタイルだが、現代的投手の特徴と言える。
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング