専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「本物だ!」鈴木誠也の2打席連続弾にエース右腕が脱帽。史上初の“大記録”も樹立

THE DIGEST編集部

2022.04.13

2打席連発の大活躍を見せた鈴木。開幕から好調で大記録も打ち立てた。(C)Getty Images

2打席連発の大活躍を見せた鈴木。開幕から好調で大記録も打ち立てた。(C)Getty Images

 侍メジャーリーガーが躍動している。

 シカゴ・カブスの鈴木誠也は現地時間4月12日、敵地で行なわれたピッツバーグ・パイレーツ戦に「6番・右翼」で先発出場すると、2本塁打を放つ大活躍。チームの全得点を一人で稼ぎ、2対1で勝利の立役者となった。

【動画】鈴木誠也が2打席連発アーチ! 圧巻の活躍がこれだ

 先制の一発は5回の第2打席に訪れた。フルカウントから相手左腕の高めに投じた4シームを一閃すると、打球は右中間スタンドへ消えた。そして続く7回の第3打席、今度は左腕の内角に投じた速球を振り抜き、左翼席へ2打席連発を記録したのだった。

 この活躍もあって鈴木は開幕から4試合連続ヒットと快調な滑り出しとなったわけだが、実は歴史的なスタートでもあった。
 
『StatsBySTATS』によると、打点が公式記録となった1920年以降で、「デビュー4試合で8打点+4四球以上」は鈴木が史上初の事例だったという。大事な面で結果を出し、類まれな選球眼を発揮して達成できる記録であり、鈴木のツールの素晴らしさを物語っている。

 この活躍に、鈴木と同じく今年からカブスに加わったエース右腕のマーカス・ストローマンも「ヤツは本物だ!」と脱帽したのも納得だろう。

 もっとも、本人も「まだ4試合なので、本当に結果というのはどうでもいいですかね」と語るようにシーズンはまだ始まったばかり。それでも、この圧巻のパフォーマンスは称賛されてしかるべきである。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】鈴木誠也の“神ってる”選球眼を示す「3.1%」。好スタートを呼んだボール球への対応力

【関連記事】「みんな恋に落ちている」鈴木誠也の粋な“おもてなし”に米記者注目! お菓子コーナー設置で「ご自由にどうぞ!」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング