専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「明らかに判定が完璧ではない」鈴木誠也が三振にさせられた“ストライク判定”が物議! 地元メディアは「なんて戦略だ」と皮肉

THE DIGEST編集部

2022.04.18

MLBでも卓越した選球眼の良さを見せつけてきた鈴木。そんな彼が絡んだ疑惑のジャッジが小さくない話題となっている。(C)Getty Images

MLBでも卓越した選球眼の良さを見せつけてきた鈴木。そんな彼が絡んだ疑惑のジャッジが小さくない話題となっている。(C)Getty Images

 明らかなミスジャッジが物議を醸している。

 事の発端となっているのは、現地時間4月17日、シカゴ・カブスが敵地に乗り込んだコロラド・ロッキーズ戦でのワンシーンだ。
【画像】誰が見てもボール!? 鈴木誠也が見逃し三振を取られた公式チャートをチェック

 この日も「5番・右翼」で先発出場していた鈴木誠也が、3回表に迎えた第2打席だった。相手先発オースティン・ゴンバーが、フルカウントから外角へ投じた82.1マイル(約133キロ)のスライダーはストライクゾーンから大きく外れた。

 当の鈴木も「ボールだ」と言わんばかりの表情で見逃して1塁方向へと歩き出そうとした。だが、ここで主審は「ストライク!」と絶叫。まさかの見逃しの三振となったのだ。

 データで見てもボールなのは明らかだ。事実、MLBの公式チャートではストライクゾーンからボール2つ分ほど外れている。ゆえに現地メディアも鈴木に下された見逃し三振のジャッジには、大いに不満を漏らしている。

 カブス専門メディア『Bleacher Nation』は、公式ツイッター上でチャート画像を掲載し、「スズキから三振を取るには、とくにゾーンに近くもない球を投げてストライク判定をもらうこと。これしかない。信じられない戦略だ」と皮肉交じりに投稿。また、米メディア『The Athletic』のカブス番を務めるシャデフ・シャルマ記者は、次のように主審に異論を投げかけている。

「セイヤ・スズキは相変わらずゾーンを完璧に熟知しており、とにかく無駄にボール球を追わないことをアピールしている。3回表のこの打席は明らかにジャッジが完璧ではなかった。3-2から彼は惜しくもないボール球を見送っている」

「カウントに関係なく、セイヤの判断は良かった。ただ判定が悪いものだった。厳密にあれはボールだ。その逆で明らかなストライクがボールと判定される場合もあるが、今回のそれは明らかなボールと言える例だ」

 なお、この試合で4号アーチを放った鈴木は、打率.417、OPS1.559、そしてリーグトップの出塁率.559と驚異的なスタッツを維持してみせた。今後はより強い警戒が予想されるだけに、今回のような物議を醸す判定は増えていくかもしれない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】鈴木誠也、逆方向へ圧巻の第4号! 打率.417、OPS1.559で米記者も「なんというMLBキャリアだ」と脱帽

【関連記事】大谷翔平は「最高の投手と言えない」。鉄人リプケンの弟が語ったサイ・ヤング賞獲得の可能性「MVPは5年は最有力だけど――」

【関連記事】鈴木誠也の“神ってる”選球眼を示す「3.1%」。好スタートを呼んだボール球への対応力
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング