専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「セイヤは本当に面白いやつ」鈴木誠也は“プライスレス”!? 味方のダメ押し弾に大はしゃぎする姿が話題に

THE DIGEST編集部

2022.04.28

ウィズダム(16番)の本塁打を満面の笑みで喜んだ鈴木(左)。その姿に称賛の声が相次いだ。(C)Getty Images

ウィズダム(16番)の本塁打を満面の笑みで喜んだ鈴木(左)。その姿に称賛の声が相次いだ。(C)Getty Images

 まるで野球少年かのようにはしゃぐ男に、チームメイトもハートを鷲掴みにされた。シカゴ・カブスの鈴木誠也に関するワンシーンが話題となっている。
【動画】野球少年のように大はしゃぎ! 同僚も称えた鈴木誠也の喜びシーンをチェック

 現地メディアでもクローズアップされているのは、現地時間4月27日に敵地で行なわれたアトランタ・ブレーブス戦に「2番・右翼手」で先発していた鈴木の振る舞いだ。

 この試合でカブスは、終盤8回に追いつかれ延長に持ち込まれたのだが、10回に4番・ウィルソン・コントレラスのタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。そして、なおも1死二塁のチャンスで、6番のパトリック・ウィズダムが2ランを放ち、ブレーブスを突き放す。この時にベンチにいた鈴木は、満面の笑みを浮かべながら、少年のように飛び跳ねて大喜びしたのだ。

 結局、ウィズダムの一発がダメ押しとなってカブスは3試合ぶりの勝利。試合後、地元メディアでは、鈴木のパーソナルな一面が垣間見えたワンシーンに対する反響が止まらなかった。

 地元ネットワーク局『Marquee Sports Network』は「味方の本塁打に対するスズキの反応は、最も健全なものでありながらプライレスだ」と絶賛。さらに嬉々として仲間と勝利を祝う姿には「セイヤ・スズキは、今季のカブスにおけるベストなバッターであるだけでなく、チームの一番のファンであると言える」と称えている。

 また、鈴木の歓迎を受けた同僚戦士も、一連の振る舞いには胸を打たれた様子だ。試合後に『Marquee Sports Network』のテイラー・マクレガー記者の取材を受けたウィズダムは、こう話している。

「あれは最高だった。本当にグレートさ。セイヤは本当に最高なやつで、彼のやることすべてが本当に面白い。一緒にプレーすることが嫌なやつなんていないんじゃないかな。僕は大好きだよ」

 チームメイトからも賛辞を贈られた鈴木。打率.333、4本塁打、14打点と打っても好成績を残しているサムライは、ルーキーにして、早くもカブスの“プライスレス”な存在になりつつある。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】鈴木誠也の快進撃にカブス専門メディアは「本当に感心する」。球団史に残る“偉人”との比較も展開「ソーサのような選手になる」

【関連記事】「スズキ以外は思い当たらない」“MLBでは見られない”鈴木誠也の紳士的な行動に米記者感嘆!「対戦相手や審判でさえも驚く」

【関連記事】「みんな恋に落ちている」鈴木誠也の粋な“おもてなし”に米記者注目! お菓子コーナー設置で「ご自由にどうぞ!」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング