専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

サヨナラ生還で渾身ガッツポーズ! 大谷翔平の興奮ぶりに米メディアも熱狂「オオタニの違う一面を見られた」

THE DIGEST編集部

2022.05.09

サヨナラのホームインを果たし、チームメイトと笑顔で喜びを分かち合った大谷。その一挙手一投足は大きな話題となっている。(C)Getty Images

サヨナラのホームインを果たし、チームメイトと笑顔で喜びを分かち合った大谷。その一挙手一投足は大きな話題となっている。(C)Getty Images

 文字通り起死回生の活躍となった。

 現地時間5月8日、本拠地で行なわれたワシントン・ナショナルズ戦にロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は「3番・DH」でスタメン出場。9回裏に同点タイムリーツーベースを放ち、さらにサヨナラ勝利を呼び込む生還者となった。
【動画】値千金のホームイン! 大谷翔平がベース上で魅せた渾身ガッツポーズをチェック

 まさに土壇場。そんな場面で偉才の“意地”を垣間見た瞬間だった。

 エンジェルスが2対4とリードを許していた9回裏2死一、三塁。ともすれば、ラストバッターにもなり得る場面で、この日、ノーヒットだった大谷に打席に回ってくる。球場の緊張感が一気に高まった。

 ここで対峙したタナー・レイニーが投じた2球目だった。大谷はインコースへの87.9マイル(約141.4キロ)のスライダーを強引に引っ張らず、センター方向へ巧みに弾き返す。すると、打球速度101.4マイル(約163.3キロ)という猛烈なスピードで飛んでいった打球は、フェンスに直撃。この間に全走者が生還して、同点タイムリーツーベースとなったのだ。

 一振りでチームを救った大谷は、さらに見せ場を作る。続くアンソニー・レンドーンがセンター前にヒットを放つと、自慢の快速を飛ばして一気にホームへ。タッチプレーとなるも、わずかに早く、右足でベースを突いて見事に生還した。

 サヨナラ勝ち決定の瞬間には、感情をむき出しにして、渾身のガッツポーズを見せた大谷。普段はクレバーな振る舞いを見せる背番号17の奮闘ぶりは、現地メディアも賛辞を惜しまない。

 米野球専門ポッドキャスト『Talkin’ Baseball』は公式ツイッターで「我々は勝ち組になったことでショウヘイ・オオタニの違う一面を見られた」とレポート。さらに米放送局『Fox Sports』のアナリストで、大の大谷マニアとして知られるベン・バーランダー氏は、興奮気味に言葉を投げかけている。

「このスピード、この感情、このショウヘイ・オオタニ、そしてエンジェルス。本当に特別だ」

 負けていれば、エンジェルスは地区首位陥落の危機にあった。それだけに大谷は、まさに値千金の大仕事をやってのけたと言っていいはずだ。

構成●THE DIEGST編集部
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング