専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

空振り三振後にボールが打者直撃! 大谷同僚の投手の“えぐい魔球”が話題沸騰「当たるのはボールがえげつない証拠だ」

THE DIGEST編集部

2022.05.13

特殊な投球モーションからキレ味鋭い変化球を投じるハージェット。そんな技巧派リリーバーの1球が話題となっている。(C)Getty Images

特殊な投球モーションからキレ味鋭い変化球を投じるハージェット。そんな技巧派リリーバーの1球が話題となっている。(C)Getty Images

 思わず、現地実況も「ワオ」と叫んでしまう“珍プレー”が話題を呼んでいる。

 注目されているのは、現地時間5月11日に行なわれたタンパベイ・レイズ戦で、ロサンジェルス・エンジェルスのジミー・ハージェットが投じた1球だ。
【動画】当たった打者も思わずガックリ。エンジェルス技巧派投手のえぐい魔球をチェック

 この試合で6回イニングを投げ切った大谷翔平の後を受けて2番手としてマウンドに上がった28歳は、先頭打者のフランシスコ・メヒーアをたった3球で追い込む。そしてカウント1-2から決め球として投じたボールは“強烈”だった。

 ハージェットが満を持して投じたのはスライダー。左打者だった相手をえぐるように曲がった73.3マイル(約118キロ)のボールは、外角から内角のボールゾーンへと大きく変化。すると、メヒーアも思わず手を出してしまいバットが空を切ったのだが、直後に遅れてやってきたボールが腹部を直撃したのだ。

 幸いにもボールは、ベルトのバックル付近に当たったため、メヒーアは何事もなくベンチに退いた。しかし、空振り直後にボールが打者を直撃するという珍しい奪三振シーンは、現地メディアでも大きくクローズアップされた。

 MLBの公式サイト『MLB.com』は、話題の三振シーンについて「空振りした打者にボールが当たるのは、ボールがえげつない証拠だ」と絶賛。さらに「三振を恥じることはない。いかなる打者も三振はする」とし、こう続けた。

「たとえ、三振を喫して、ある種の馬鹿を見ることも恥ではない。繰り返すがそれは恥ずかしいことなんかじゃない。それは三振した後に、いやらしく、打ちにくいボールが自分に当たってしまったとしてもね」

 さらにメヒーアの母国ドミニカの野球専門メディア『Al Bat』もハージェットの一球を切り取り、「文字通りに打者は打ちのめされた。ただ、メヒーアも気に病むことはない。これはメジャーではよくあることだ」と26歳の捕手を慮った。

 なお、接戦の緊張感のある局面でしっかりと3者凡退に抑えたハージェットは、今季成績を防御率3.86、WHIP1.16に伸ばした。メヒーアへの鋭い変化を見せた一球が物語る通り、好調を保っていると言えそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「明確にしよう。ルースより上だ!」大谷翔平の神超えを米記者が熱弁! 二刀流を生み出した“恩師”も話題に

【関連記事】「狂気の沙汰だ」大谷翔平の“11冠”表彰に米識者が最敬礼! 専門サイトは「ショウヘイは不器用で、野球がしたいだけ」と賛辞

【関連記事】サヨナラ生還で渾身ガッツポーズ! 大谷翔平の興奮ぶりに米メディアも熱狂「オオタニの違う一面を見られた」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング