専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

MVP大谷翔平vs本塁打王ゲレーロJr.が実現!不振から脱却傾向のジェイズ主砲は強気の姿勢「僕にとってはいつもと変わらない」

THE DIGEST編集部

2022.05.26

昨シーズンMVPの大谷翔平(左)と本塁打王のゲレーロJr.(右)の直接対決はいかに…?(C)Getty Images

昨シーズンMVPの大谷翔平(左)と本塁打王のゲレーロJr.(右)の直接対決はいかに…?(C)Getty Images

 ロサンゼルス・エンジェルスとトロント・ブルージェイズの4連戦が、5月26日(現地時間)からエンジェルスの本拠地にて始まる。

 今季初対決となる同カード。現在ブルージェイズは23勝20敗だ。アメリカン・リーグ東地区の首位に立つニューヨーク・ヤンキースとは、7ゲーム差の3位に位置している。シーズンの4分の1を消化する今、ブルージェイズにとっては踏ん張りどころだ。

【動画】今季不振のゲレーロJr.が復調か!?圧巻の一発をチェック

 一方、エンジェルスは27勝17敗でヒューストン・アストロズに次ぐ西地区2位。1ゲーム差で首位を追いかけている。

 日本のメジャーリーグファンにとっては、見どころ満載の4日間となりそうだ。初戦はエンジェルスの大谷翔平が登板。対するブルージェイズは韓国のエース左腕リュ・ヒョンジンの登板で日韓対決となる。また28日(現地時間)の3戦目は、大谷の花巻東高校時代の先輩、菊池雄星(ブルージェイズ)がマウンドに上がる。

 この4連戦は、早くも現地の注目度も高まっている。というのも、昨シーズン本塁打王(48本塁打)に輝いたブルージェイズの主砲ブラディミール・ゲレーロJr.とアメリカン・リーグMVPの大谷の直接対決が実現するのだ。

 2人の対戦は、昨年8月以来2回目だ。前回は3打席で勝負し、第1打席はゲレーロJr.が初球のカットボールを左前に運んだ。第2打席は空振り三振に倒れ、第3打席は四球で出塁と、ゲレーロJr.は大谷を相手に2打数1安打を記録した。

 大谷からすると難敵の一人であるはずのゲレーロJr.だが、今季はとりわけ今月に入って不振に陥り、ここまで8本塁打(5月は2本)、打率.263、出塁率.356、長打率.447と苦戦している。
 
 そんな23歳のスラッガーは、24日のセントルイス・カーディナルス戦で16試合ぶりに一発を放ち、4打数2安打1本塁打と復調の兆しを見せた。地元カナダのスポーツ専門局『Sportsnet』は、「木曜日にショウヘイ・オオタニとのマッチアップを考えると、スランプを脱するには絶好の機会だった」と記している。

 試合後にゲレーロJr.本人も、「オオタニは最高の選手の一人ということは知っている」と念頭に置いたうえで、「昨年も対戦しているし、僕にとってはいつもと変わらないことだ」と強気な姿勢を示した。

 ゲーム前から熱を帯びる同カード。果たしてどのような結末を迎えるだろうか……。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】日韓エース対決がついに実現か? 大谷翔平vs.リュ・ヒョンジンの初対戦に韓国メディアは「厄介な相手だ」と警戒

【関連記事】「まったくいらない発言だ!」ヤンキースベテラン戦士の“差別的ジョーク”が波紋。受けたホワイトソックス遊撃手は激昂

【関連記事】日本総領事の始球式中止が物議! マウンドを“譲らなかった”メッツ大投手シャーザーに非難の声も「必要のなかった国際的問題だ」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング