専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

大谷翔平、6回途中11奪三振で今季100Kに到達! 米記者からは「なんということだ」と感嘆の声

THE DIGEST編集部

2022.06.30

ホワイトソックス打線を寄せ付けなかった大谷。米記者からは賛辞の声が相次いでいる。(C)Getty Images

ホワイトソックス打線を寄せ付けなかった大谷。米記者からは賛辞の声が相次いでいる。(C)Getty Images

 現地時間6月29日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれているシカゴ・ホワイトソックス戦に「3番・DH兼投手」で先発。開幕から13登板連続の投打同時出場となったなか、6回途中(108球)無失点、5安打、11奪三振と好投し、勝ち投手の権利を持って降板した。

【動画】またも奪三振ショー! 11Kをマークした大谷の投球シーンをチェック

 前回登板のカンザスシティ・ロイヤルズ戦では、メジャー自己最多の13奪三振で6勝目(4敗)を挙げた大谷。7勝目を目指してマウンドに立ったこの日は、初回に2人の走者を背負いながらも、3つのアウトをすべて空振り三振とし、無失点での立ち上がりを見せる。

 チームが2点を先制して迎えた2回は、先頭をレフトフライに打ち取ると、1死から2者連続三振。さらに3回を三者凡退に抑え、「ピッチング・ニンジャ」こと分析評論家のロブ・フリードマン氏も「86マイル(約138.4キロ)のえげつないスプリッターだ」と公式ツイッターで称賛していた。
 
 続く4回には、2死満塁のピンチを迎えた大谷だが、ジョシュ・ハリソンを空振り三振に仕留め、相手打線に得点を許さない。その後、5回を三者凡退に抑えると、この時点で驚異の21イニング連続無失点を記録。6回無死一塁の場面は、ギャビン・シーツから11個目の三振を奪い、リリーフ陣に後を託した。

 二刀流スターが見せた圧巻のピッチングには、現地記者からも賛辞が続々。MLB公式サイトのレット・ボリンジャー記者が「今夜10個目の奪三振で、今季100奪三振に到達した」と呟けば、エンジェルス公式ラジオ局のトレント・ラッシュ氏も「オオタニはスタンディングオベーションに値する。なんということだ」と感嘆の声を漏らした。

 なお、試合は6回表を終え、エンジェルスが2対0とリード。打者・大谷は、第2打席まで四球、センターフライという内容になっている。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】イチローと大谷翔平。日本が生んだ2人の天才はいかにしてMLBの「頂点」を極めたのか?<SLUGGER>

【関連記事】エンジェルスへの恨み節も…途中解任された“元名将”ジョー・マッドンは時代に追い去られた存在なのか<SLUGGER>
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング