専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

大谷翔平、ライアンやジョンソンらの快挙に並ぶ! 過去4先発で魅せた奪三振ショーが再びMLB史を呼び覚ます

THE DIGEST編集部

2022.06.30

ライアン(左)やジョンソン(右)といったMLB史に残る名投手たちに並ぶ快挙をやってのけた大谷(中央)。その活躍は目を見張るものだった。(C)Getty Images

ライアン(左)やジョンソン(右)といったMLB史に残る名投手たちに並ぶ快挙をやってのけた大谷(中央)。その活躍は目を見張るものだった。(C)Getty Images

 文字通り歴史に残る奪三振ショーだった。

 現地時間6月29日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれているシカゴ・ホワイトソックス戦に「3番・DH兼投手」で先発登板。6回途中(108球)、無失点、被安打5、11奪三振と好投。自身7勝目をマークした。

 1回裏にマイク・トラウトのタイムリーツーベースなどで2点の援護を受けた背番号17は、3回までに6つの三振を奪うなど序盤から快調に飛ばした。4回までに79球を投げて球数こそ要したが、最後までホワイトソックス打線に決定打を許さなかった。

 圧巻だったのは4回だ。2死満塁のピンチを迎えた大谷だが、去年から得点圏に出塁させてからの被打率が.386しかない右腕が冴えた。ジョシュ・ハリソンと対峙すると、100.4マイル(約161.5キロ)の4シームで追い込み、最後は外角に投じた88.7マイル(約142.7キロ)のスライダーで空振り三振に切って取ったのだ。

 その後、6回無死一塁の場面で、ギャビン・シーツから11個目の三振を奪ったところで、球数が108に達したために降板。マウンドからベンチに下がる際には、スタンドから割れんばかりの大歓声が送られた。
 
 奪三振の山を築くとともに、驚異の21イニング連続無失点を記録した大谷は、多士済々のメジャーの剛腕投手たちと肩を並べている。

 というのも、米野球専門データ会社『Codify』によれば、1968年以降に4先発で36奪三振以上(大谷は36個ちょうど)を記録して無失点だった投手は、ノーラン・ライアン(元テキサス・レンジャーズ)、フェルナンド・バレンズエラ(元ロサンジェルス・ドジャース)、ランディ・ジョンソン(元アリゾナ・ダイヤモンドバックス)、ペドロ・マルティネス(元ボストン・レッドソックス)、クレイトン・カーショウ(ロサンゼルス・ドジャース)らに続く史上17人目の快挙だったという。

 ちなみに大谷は4登板の間に打者としても活躍。打率.361、長打率.754、6本塁打、17打点と図抜けたスタッツを残している。これは、当然、先述の名投手たちも残せていない数値で、二刀流戦士の凄みを物語るものだ。

 6月に入ってから好調を維持してきた偉才。投打にわたる支配的なパフォーマンスには、脱帽するほかない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】大谷翔平、6回途中11奪三振で今季100Kに到達! 米記者からは「なんということだ」と感嘆の声

【関連記事】大谷翔平のMVP獲得に米記者が独自見解。「多くの人が“落ち目だ”と考えるような年」でも“可能性”が消えない理由

【関連記事】「オオタニは超人だ」“神様”ルースも成しえなかった大記録も作った大谷翔平に米識者から賛辞続々!「地球上で最高」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング