専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
侍ジャパン

第5回WBCの大会スケジュール&組み合わせが発表! 日本は3月9日から東京ドームで韓国、中国らと対戦へ

THE DIGEST編集部

2022.07.08

日本は2大会連続で準決勝で敗戦。6年ぶりのWBCでは悲願を果たせるだろうか。(C)Getty Images

日本は2大会連続で準決勝で敗戦。6年ぶりのWBCでは悲願を果たせるだろうか。(C)Getty Images

 WBC大会本部は現地時間7月7日、「ワールド・ベースボール・クラシック 2023」の日程・会場・組分けを発表。2023年3月8日から21日かけて大会は実施され、第2回大会以来の優勝を目指す侍ジャパンはB組から悲願を目指すことになる。今回から本戦参加国が16から20へ増え、さらなる激戦が予想される。

 各組み分けは以下の通り。
<プールA:台湾:3月8~13日>
・台湾
・オランダ
・キューバ
・イタリア
・予選通過国

<プールB:東京:3月9~13日>
・日本
・韓国
・オーストラリア
・中国
・予選通過国

<プールC:アメリカ:3月11~15日>
・アメリカ
・メキシコ
・コロンビア
・カナダ
・予選通過国

<プールD:アメリカ:3月11~15日>
・プエルトリコ
・ベネズエラ
・ドミニカ共和国
・イスラエル
・予選通過国
 
 本来なら第5回WBCは2021年3月に開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期となっており、実に6年ぶりの開催となる。日本は例年通り、1次ラウンドから東京ドームを舞台に、ライバルの韓国、オーストラリア、中国、予選通過国と対戦。予選通過を目指す戦いは今年9月に行われる予定だ。

 プール戦上位2ヵ国が次のラウンドに進み、日本はプールAの上位チームらと対戦。そこでも上位2位までに入れば、準決勝・決勝が行われるマイアミ・マーリンズの本拠地ローンデポ・パークでの一戦必勝の大一番に臨むことになる。なお、第3回優勝のドミニカ共和国、第4回優勝のアメリカらメジャーリーガーが揃う予定の強豪と対戦する可能性があるのは準決勝から。

 第1回・2回と連覇を果たした日本だが、過去2大会はいずれも準決勝で涙をのんだ。栗山英樹新監督が率いる侍ジャパンは果たして、14年ぶりの頂点に立つことができるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部





【関連記事】検証:大谷翔平が本塁打を打った“通算100試合”でエンジェルスは何勝した? 「なおエ」が席巻した2021年はまさかの…<SLUGGER>

【関連記事】大谷翔平のMVP獲得に米記者が独自見解。「多くの人が“落ち目だ”と考えるような年」でも“可能性”が消えない理由

【関連記事】60本ペースで打ちまくるジャッジのMVP獲得論に待った! 米メディアが「断言するのは早すぎる」と大谷翔平に太鼓判
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング