専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

「今季も彼が受賞するよ」ゲレーロJr.が大谷翔平の“2年連続MVP”を予想! ライバルとして争った昨季より「数字がいい」

THE DIGEST編集部

2022.07.15

昨季の“ライバル”ゲレーロJr.(左)は、二刀流として活躍し続ける大谷(右)の存在をどう見ているのだろうか。(C)Getty Images

昨季の“ライバル”ゲレーロJr.(左)は、二刀流として活躍し続ける大谷(右)の存在をどう見ているのだろうか。(C)Getty Images

 2年連続の栄誉に期待の声が高まっている。大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)だ。

【動画】またも投打で躍動! 大谷翔平の“101マイル剛速球&2点タイムリースリーベース”をチェック

 メジャー5年目を迎えた今季の大谷は、ここまで87試合に出場し、打率.258、19本塁打、56打点、10盗塁、OPS.842(出塁率.350+長打率.492)をマーク。さらに、投げては規定投球回に達していないものの、9勝4敗、防御率2.38、123奪三振とハイアベレージを記録している。

 こうした二刀流パフォーマンスには、各方面から賛辞の声が絶えない。そしてこの度、「今年のオオタニは、昨年より良い数字が出ている」と語ったのが、昨季のアメリカン・リーグ本塁打王であり、大谷の“ライバル”としてタイトル争いを演じたブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)だ。
 
 現地時間7月14日、ドミニカ・メディア『Z101』でディレクターを務めるエクトル・ゴメス氏が更新した公式ツイッターには、大谷について話したゲレーロJr.のコメントが紹介されており、今季のア・リーグMVPに関しては、「今季も彼(大谷)が受賞するだろう」と太鼓判を押していたという。

 もし2年連続のア・リーグMVP受賞となれば、日本人史上初の快挙だ。はたして、その偉業を大谷はやってのけるだろうか。今後の一挙手一投足からも目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】「連敗ストッパー」投手・大谷翔平が凄すぎる。“投手一本”でも一流の域で、防御率は驚異の0.32!<SLUGGER>

【関連記事】大谷翔平の6月のMVPは確定的!? 想像を超える偉才だけに許された「TWP」の“合わせ技”<SLUGGER>
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング