専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

大谷翔平、圧巻21号! 三振を喫した一球を攻略したセンターへの特大アーチに「MVPのための本塁打」と賛辞

THE DIGEST編集部

2022.07.27

相手の持ち味であるボールを見事に捉えた大谷。基本に沿った貫禄の打撃だった。(C)Getty Images

相手の持ち味であるボールを見事に捉えた大谷。基本に沿った貫禄の打撃だった。(C)Getty Images

 相手の得意球を仕留める豪快な一打だった。

 現地時間7月26日、敵地で行なわれているカンザスシティ・ロイヤルズ戦に、ロサンジェルス・エンジェルスの大谷翔平は「1番・DH」で先発出場。3回の第2打席に今季21号となる本塁打を放った。

 前日に自打球が右ヒザ近くの太ももを直撃し、打撲を負っていた偉才だが、その痛みをを感じさせない打撃を見せつけた。

 相手左腕アンヘル・セルパと対峙した大谷は、第1打席に見逃し三振に取られていたが、それを引きずらないのが天才プレーヤーたる所以だ。スコアレスで迎えた第2打席に外角への4シームを次の打席で攻略する。
 
 外角への配球を冷静に見極めた大谷は、カウント2-1から外角真ん中に投じられた94.6マイル(約152.2キロ)の4シームをジャストミート。センターに高々と舞い上がった打球はグングンと飛距離を伸ばしていき、420フィート(約128メートル)の位置にあるバックスクリーン付近の生垣へと突き刺さった。

 前打席であっけなく見逃し三振に喫した一球を見極め、見事に攻略した大谷。その打撃は流石というほかにない。現地メディアや記者たちも賛辞を惜しまない。米放送局『FOX Sports』のアナリストであるベン・バーランダー氏が「未来のMVPのための本塁打だ」と絶賛した。

 なかなか勝利が続かない苦しい日々を送っているエンジェルス。そのなかで待望の先制点をもたらした大谷の一振りは、やはり彼の存在感を知らしめるものとなった。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「オオタニは最高だ」という相手の賛辞が皮肉に。大谷翔平を“孤立無援”に追い込んだエ軍のもどかしい現状

【関連記事】104年ぶりに“野球の神”に迫った大谷翔平。殿堂入り大投手が「彼の活躍を誰も享受できていない」と断言する凄まじさ

【関連記事】「オオタニは凄すぎる」レッドソックス主砲が大谷翔平のMVPを確信! ジャッジらとの争いに「5年先は無理だ」と持論
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング