専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

ライナー強襲の試練乗り越え…大谷翔平が執念の投球で“2桁勝利”を達成!「明らかに痛そう」「次から次に酷い目に」と心配の声も吹き飛ばす

THE DIGEST編集部

2022.08.10

強襲を受けた大谷(右)は、スタッシー(左)に支えられながら3回を終えた。(C)Getty Images

強襲を受けた大谷(右)は、スタッシー(左)に支えられながら3回を終えた。(C)Getty Images

 大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)に試練が襲い掛かった。

 現地時間8月9日、敵地で行なわれたオークランド・アスレティックスス戦の3回だ。10勝目をかけて「2番・投手兼DH」でスタメン出場した背番号17は、2死一、三塁の場面でラモン・ローレアーノと対峙した。

【動画】「明らかに痛そう…」と心配の声も。3回に大谷翔平を襲った強襲シーンをチェック

 ボールカウント2-1とした4球目、大谷が外角スライダーを投じると、ローレアーノは鋭い当たりではじき返した。打球はマウンド上の大谷を強襲。左足に当たったボールを大谷自身がすぐさま拾い上げ一塁に送球してアウトにしたが、直後に両ひざに手をつき苦悶の表情を浮かべる。大谷は捕手のマックス・スタッシーに支えられながら、足を引きずるようにダグアウトへと引き上げた。
 
 このアクシデントには現地記者も冷や汗をかいたようで、心配の声が飛び交っていた。米放送局の『Fox Sports』のアナリストであるベン・バーランダー氏は、「信じられない。ショウヘイ・オオタニは次から次に酷い目にあっている」と自身のTwitterに嘆きを綴った。

 また米メディア『The Athletic』の元記者ブレント・マグワイア氏は、「ショウヘイ・オオタニは102マイルの強襲を左足に受け、アウトにしてこの回を終えた。フィールドから出るとき明らかに痛そうだったが、ダグアウトではだいぶ良くなってきているようだ」と伝えた。

 その後も続投した大谷は、6イニングを投げ、被安打4、5奪三振を記録。7回の第4打席では今季25号ソロを右中間スタンドに放ち、自らの手で白星を手繰り寄せた。結局、エンジェルスは5対1で勝利し、大谷は1918年ベーブ・ルース以来、104年ぶりの2桁勝利&2桁本塁打の偉業を達成している。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】マリナーズ投手は「足を壊したかと思った」と吐露。アクシデントに見舞われた大谷翔平の状態は大丈夫か?

【関連記事】「エンジェルスの最大の問題はオーナーだ」再建不可避のチームがそれでも大谷翔平をトレードできない最大の理由

【関連記事】グレインキーの息子と大谷翔平の“ほっこり”交流シーンが話題!222勝右腕から大谷へメッセージも「君のプレーを観るのが好きだ」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング