専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

ついに“野球の神”に並んだ大谷翔平。「史上唯一の金字塔」も打ち立てた二刀流に米識者も感嘆「これは歴史だ」

THE DIGEST編集部

2022.08.10

投打で目を見張る活躍を披露した大谷。二刀流を貫いてきた男がようやく球史に残る大偉業をやってのけた。(C)Getty Images

投打で目を見張る活躍を披露した大谷。二刀流を貫いてきた男がようやく球史に残る大偉業をやってのけた。(C)Getty Images

 ついにその瞬間が訪れた。

 現地時間8月9日に敵地で行なわれたオークランド・アスレティックス戦で、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は「2番・DH兼投手」として先発。投げては6回(91球)を被安打4、奪三振5、与四球3、無失点と好投。打っては7回の第3打席に25号ホームランをマーク。チームも5対1と勝利して、往年の大打者ベーブ・ルースが1918年に記録して以来となる「シーズン2桁勝利&2桁本塁打」を達成したのである。

 自己ワーストとなる3連敗と足踏みが続いていたなかで、ようやく金字塔は打ち立てられた。

 この日は初回を自己最少となる5球でピシッと締めた大谷は、その後も危なげなくアスレティックス打線を抑え込む。3回にラモン・ローレアーノのピッチャーライナーが左足のすね部分を直撃し、思わず苦悶の表情を浮かべるほどのアクシデントに見舞われたものの、偉才は気力でマウンドに立ち続けた。

 結局、6回を無失点で投げ抜いた「投手・大谷」。そんなエースの奮闘に味方打線も応えて6回までに4番テイラー・ウォードの3ラン本塁打などで4点を奪取。そして、7回には「打者・大谷」がライトスタンドに5試合ぶりとなる25号アーチで援護した。
 
 7回にベンチに退いた大谷。だが、この日は中継ぎ陣がアスレティックスの追い上げをかわし、見事に快挙は達成されたのである。

“野球の神様”と称されるルースの大記録に並んだのもさることながら、この試合で大谷は史上初となる2シーズン続けての「25本塁打以上&150奪三振以上」も達成。まさに球史に残るプレーヤーとしての力を存分に発揮したと言える。

 無論、現地記者も誰もが不可能と考えた「神に並んだ男」へ驚きを隠さない。米放送局『FOX Sports』のアナリストを務めているベン・バーランダー氏が「これぞ歴史だ!」と称えれば、米メディア『The Athletic』などに寄稿しているブレント・マグワイア記者は「オオタニはベーブ・ルース以来、初めて2桁勝利と2桁本塁打をやってのけた選手になった。これは公式だ」と驚嘆した。

 何度もあった試練を乗り越え、伝説的なプレーヤーに肩を並べた大谷。彼の歴史的な活躍からは、まだまだ目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】大谷翔平、104年ぶりの偉業達成! イチローを抜き、50年前の快挙を呼び起こし、そしてルースに並ぶ記録づくめの伝説の日に

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】「大谷のトレード価値は今後下落するだろう」現地メディアがエンジェルスを夏の移籍市場の“負け組”に挙げる理由<SLUGGER>
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング