専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

今年も大谷翔平が「最も優れたDH」に! アルバレスとの争いに元ヤ軍戦士は「年々オオタニから賞を奪うのは難しくなる」

THE DIGEST編集部

2022.11.29

投手としてだけでなく、打者としても圧巻のパフォーマンスを披露した大谷。その功績があらためて認められた。(C)Getty Images

投手としてだけでなく、打者としても圧巻のパフォーマンスを披露した大谷。その功績があらためて認められた。(C)Getty Images

 稀代の天才が、今オフ初の“戴冠”を成しえた。

 現地時間11月28日、MLBは大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)を「エドガー・マルティネス賞」に選出したと発表した。年間で最も活躍した指名打者に贈られる同賞を2年連続で受賞するのは、2003年から2007年まで5年連続受賞していたデビッド・オルティス(ボストン・レッドソックス)以来の快挙だ。

 今季に見せつけた安定感のある打棒を考えれば当然の受賞ではある。打率こそ.273(リーグ25位)ながら、34本塁打(同4位)、95打点(同7位)、長打率.519(同5位)とハイアベレージを記録。15勝、防御率2.33、奪三振率11.87を記録した投手としての成績を考えれば、「エースで4番」を完全に体現したと言っていい。

 もっともライバルはいた。とりわけ打率.306、37本塁打、97打点をマークしていたヒューストン・アストロズの世界一に貢献したヨーダン・アルバレスは有力候補だった。この25歳のキューバ人スラッガーは、打撃のベストナインに相当するシルバースラッガー賞のア・リーグ指名打者部門でも選出されてもいた。
 
 しかし、レフトを守る試合も少なくなかったアルバレスは、DHとしては19本塁打、52打点という成績にとどまっていた。そうした背景もあって、各球団の担当記者、放送関係者、球団広報担当者による投票で、二刀流の偉才には及ばなかった。

 大谷の2年連続の受賞には、メジャーリーグの酸いも甘いも知るOBも賛辞を送った。MLB公式ネットワーク番組『MLB Network』で、かつてニューヨーク・ヤンキースなどで活躍したクリス・ヤングは、次のように語ってみせた。

「ショウヘイ・オオタニという男はユニコーン(唯一無二の意)だ。だから、年々彼からこの賞を獲るのは難しくなるだろうね」

 スラッガーの証とも言える同賞を2年連続で手にした大谷。はたして、来季はいかなる打撃を見せてくれるのか。今から楽しみは尽きない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】大谷翔平が「地球上で最高の選手」だったからこそのMVP。ジャッジが漏らした言葉に感じたヤ軍主砲の“本音”

【関連記事】「オオタニは下だ」MVP争いでまさかの“1位票ゼロ”。怪物アルバレスへの投票結果に米紙が不満「地球上で最強の左打ちだ」

【関連記事】「ショウヘイは奪われた」大谷翔平の“MVP逃し”を巡って元同僚が異論! 最高の基準に見解「どうして記者が決めるんだ?」
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング