専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
MLB

今オフのジャッジか来オフの大谷、どっちを選ぶ?ナ・リーグ最強軍団ドジャースに迫られる“究極の選択”<SLUGGER>

SLUGGER編集部

2022.11.29

調ハイレベルなMVP争いを演じた大谷とジャッジ。ドジャースはどちらの獲得を最優先事項とするのだろうか。(C)Getty Images

調ハイレベルなMVP争いを演じた大谷とジャッジ。ドジャースはどちらの獲得を最優先事項とするのだろうか。(C)Getty Images

 2022年、アーロン・ジャッジ(ヤンキース)と大谷翔平(エンジェルス)は、MLB史上でも稀に見るハイレベルなMVPレースを展開した。

 そして今、ある強豪チームがこの2人の獲得をめぐって難しい決断を迫られているようだ。

 MLB.comのジョン・モロシ記者によると、ドジャースがこのオフFAとなったジャッジの獲得を検討しているという。晴れて獲得に成功した場合は、ムーキー・ベッツをライトから二塁へ、若手のギャビン・ラックスを二塁からショートへそれぞれコンバートする。そうすれば、FAとなったトレイ・ターナーの穴も自ずと埋まる、という算段だ。

 だが、ここで一つの難題が浮上する。モロシ記者によれば、ドジャースは23年シーズン終了後にFAとなる大谷獲得にも興味を示している。だが、ジャッジとの契約には総額3億ドル以上は間違いなくかかる。そうなれば、大谷獲得はあきらめざるを得ない。

 つまり、「ジャッジか大谷か」の二者択一を迫られる、というわけだ。
「向こう1、2年間で大物FAを狙うとして、それはこのオフのジャッジなのか、それとも来オフの大谷なのか」

 ジャッジをめぐっては、古巣のヤンキース、ジャイアンツも獲得に乗り出している。もしジャッジがどちらかのチームと契約すれば、そのチームは来オフの大谷争奪戦には参加しないので、ライバルが減って有利に働く――ドジャースはそんな計算もしているようだ。

 最も優れたDHに贈られる「エドガー・マルティネス賞」を2年続けての受賞した大谷。今年はこれに加えて、サイ・ヤング賞投票でも4位に入り、二刀流を「完成形」にまで高めた。

 一方、ジャッジはリーグ全体で本塁打が激減する中、62ホーマーを放ってアメリカン・リーグ記録を更新。「ステロイドを使っていない選手としてはMLB新記録」と称賛する声も多く、大谷とのMVP争いでは圧勝した。

 今季、球団記録の111勝を挙げながら、ポストシーズンでは地区シリーズ敗退に終わったドジャース。世界一への切り札はジャッジか、それとも大谷か。その決断に注目が集まる。

構成●SLUGGER編集部

 
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング