専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【今週のセ・リーグ展望】DeNA投手陣は絶好調の岡本を止められるか? ヤクルト対広島はノーガードの打ち合いの予感も

氏原英明

2020.06.30

●ヤクルト-広島(神宮)
【予告予想先発】
30日(火) イノーア-K.ジョンソン
1日(水) スアレス-九里亜蓮
2日(木) 高梨裕稔-遠藤淳志

 リーグトップの15本塁打と絶好調の広島打線をヤクルト投手陣が狭い神宮で抑え込めるかどうかが焦点になる。特に注目したいのは2日先発予定の高梨だ。昨年は深刻な一発病に苦しんだが、今季は新たにカットボールを加えてモデルチェンジ。前回登板の阪神戦は7回無失点に封じた。強打のカープ打線相手に結果を残せばさらなる自信になるだろう。
 
 打線は開幕当初の勢いはやや衰えたが、坂口智隆から始まって、山田哲人、青木宣親、村上宗隆の並びはやはり脅威。昨季は青木がK・ジョンソンには青木が13打数7安打、村上は昨季の広島戦で10本塁打を量産している。
 
 広島はメヒアこそ不振だが、鈴木誠也を中心にピレラ、西川龍馬、さらに堂林翔太も好調。菊池涼介にようやく当たりが出始め、松山竜平も戦列復帰するなど、リーグ3連覇当時の勢いが戻ってきた。こちらも先発陣には不安を抱えるため、ノーガードの打ち合いになるかもしれない。

●巨人-中日(東京ドーム)
3日(金) 菅野智之-大野雄大
4日(土) 田口麗斗-吉見一起
5日(日) サンチェス-梅津晃大

 中日は対巨人戦6連勝中。だが、東京ドームに限れば昨季は3勝7敗と分が悪い。3日先発予定の大野雄はストレートの球威がなく、開幕2先発で計5本塁打を浴びるなど状態は最悪に近い。菅野も前回登板は5失点とピリッとしなかった。エース対決でどちらが本来の投球を披露できるか。対巨人6連勝中、2勝を挙げたのが梅津だった。前回の広島戦では打ち込まれてしまったが、相性のいいチームを相手に調子を取り戻したい。
 

DAZNなら「プロ野球」「Jリーグ」「CL」「F1」「WTAツアー」が見放題!充実のコンテンツを確認できる1か月無料体験はこちらから

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング