専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

巨人残留の菅野が歴代最高年俸更新!2021年俸ランキング上位10人中9人が3億円超

SLUGGER編集部

2021.01.15

1億8000万円アップの森(左)も一気にトップ10入り、契約未更改の首位打者・吉田(右)も3億円突破は確定か? 写真:田口有史(森)、田中研治(吉田)

1億8000万円アップの森(左)も一気にトップ10入り、契約未更改の首位打者・吉田(右)も3億円突破は確定か? 写真:田口有史(森)、田中研治(吉田)

 トップ10の中で最大昇給を勝ち取ったのが、鷹の絶対的守護神・森唯人。6年連続50試合登板をクリアする鉄腕は昨季史上6人目の100セーブ&100ホールドを達成し、リーグ2位の32セーブを記録した。21シーズン中の国内FA権取得が濃厚だったが、“王者”は前年から1億8000万円アップの年俸4億6000万円×4年を提示して囲い込みに成功した。

 そして森に次ぐ昇給となったのが、パ・リーグ14年ぶりの投手三冠を獲得した千賀滉大だ。1億円アップで4億円の大台に到達した豪腕は、プロ入りは育成契約で年俸270万円。そこから順調に成長し、1年目から年俸148倍(!)という“プロ野球ドリーム”をつかんでいる。もちろん、育成入団選手の年俸4億円は史上初の快挙でもある。

 3位と10位は、今季パ・リーグの本塁打王争いを演じた「大阪桐蔭」のスラッガーがランクイン。タイトルは最終的に“後輩”・浅村栄斗が“先輩”・中田翔を1本差で制したものの、打点王は中田が貫録勝ち。自身初の3億円を突破して年俸ランキング上位に顔を出した。一方で浅村は4年契約3年目となり、年俸は5億円の現状維持で3位タイとなっている。
 
 菅野と同様に、いやそれ以上に驚きだったかもしれないのが、山田哲人だろう。昨季に国内FA権を取得した歴代最高級の二塁手は、国内ストーブリーグだけでなくメジャー移籍の可能性もあった。しかし結果は、7年総額40億円というビッグディールを提示したヤクルトの残留が決定。今季は主将として、そして今後も“ヤクルトの顔”としての活躍が期待される。

 年俸ランキングトップ10は中田を除いた9人が4億円オーバー。中田以外の3億円以上の選手は、青木宣親(ヤクルト/3億3000万円)、鈴木誠也(広島/3億1000万円)、増田達至(西武/3億円)、則本昂大(楽天/3億円)、陽岱鋼(巨人/3億円)、大野雄大(中日/3億円)、菊池涼介(広島/3億円)の7人がいる。14日時点で契約更改をしていない選手だと、首位打者を獲得した吉田正尚(オリックス)が2億円からの大幅昇給が濃厚であり、上位に食い込んでくる可能性が高そうだ。

構成●SLUGGER編集部
NEXT
PAGE
【動画】"ゴジラ"に並んだ柳田の、推定150m特大アーチ!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング