専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
高校野球

近江・山田陽翔を勧めたい2球団。「投手スケール」では物足りなさも、魅力は十分――“超高校級逸材3傑”の未来を占う

西尾典文

2022.09.21

打者としても特大のポテンシャルを秘めていると言っていい山田。それだけにプロでやっていけるだけの伸びしろは十分にある。写真:滝川敏之

打者としても特大のポテンシャルを秘めていると言っていい山田。それだけにプロでやっていけるだけの伸びしろは十分にある。写真:滝川敏之

 リリーフの世代交代が必要な球団としてはロッテも当てはまるか。抑えの益田直也、セットアッパーの唐川侑己が今年は揃って成績を落としており、東條大樹、西野勇士もベテランと呼べる年齢になっている。

 昨年にドラフトで獲得した広畑敦也、八木彬はいずれも社会人出身であることを考えても、若きリリーバー候補の獲得は一考の価値がある。近年のロッテは高校生投手を積極的に指名。しっかりと育て上げて一軍の戦力にまで持っていくチームの土壌も追い風となりそうだ。

 またチームには甲子園にこそ出場していないものの、高校時代から高い注目を浴びていた佐々木朗希も在籍。「高校球界のスター」という意味では共通項はある。佐々木の存在は山田にとってもプラスとなるはずで、球団にとってもアマチュアの頃から知名度が高い2人が揃うことは大きなメリットとして考えられる。
 
 ただ、気になるのは、山田がどの程度の評価になるかという点だ。甲子園での活躍によって知名度は抜群だが、夏の大会期間中にはスカウトから「山田が(大会)ナンバーワンでは寂しい」という声も聞かれたことは確かである。

 投手としてのスケールは、昨年のドラフト会議で1位指名を受けた小園健太(DeNA)、風間球打(ソフトバンク)、達孝太(日本ハム)、森木大智(阪神)に比べると物足りない印象は否めない。またリリーフタイプとなるとどうしても評価は低くなる傾向にあるのも事実だ。それでも甲子園での実績によって高い順位で指名する球団が果たして出てくるのか。今年のドラフトの大きな注目ポイントの一つになりそうだ。

文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間400試合以上を取材。2017年からはスカイAのドラフト中継で解説も務め、noteでの「プロアマ野球研究所(PABBlab)」でも多くの選手やデータを発信している。

【関連記事】「間違いなく1位で消えますね」――今夏に声価を高めた高松商・浅野翔吾。プロスカウトの“疑念”を打ち砕いた身体能力

【関連記事】【2022ドラフト候補ランキング|1~10位】トップ2は矢澤&蛭間で変わらず。日本文理・田中も“二刀流”に可能性を秘める

【関連記事】球界最高年俸9億円の田中将大、リーグワーストの成績に。元メジャーリーガーの低調さに韓国紙が「全盛期は過ぎた」と悲鳴
NEXT
PAGE

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング