専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
プロ野球

【世代別で見るプロ野球】「清宮世代」ではなく「村上世代」? プロスペクトたちの序列は今後どうなるのか

氏原英明

2020.03.30

 00世代の中心は、甲子園100回大会で活躍した選手たちだ。大阪桐蔭の根尾昂(中日)、藤原恭大(ロッテ)、報徳学園の小園海斗(広島)が注目選手だったことは今さら語るまでもないだろう。

 プロ2年目を迎えた現時点で、頭ひとつ抜け出しているのが小園だ。遮二無二練習に打ち込むカープのスタイルが小園には合っていたのだろう。今季は三塁のレギュラー定着が期待されている。一方、今季からバッティングフォームを変えた藤原、複数ポジションを守りながら起用法が定まっていない根尾はまだ育成に時間がかかりそうだが、まだ焦る必要もないだろう。
 
 投手では吉田輝星(日本ハム)、柿木蓮(日本ハム)ら甲子園を沸かせた投手を差し置いて、ドラフト6位でプロ入りした戸郷翔征(巨人)がプロ1年目で初勝利を挙げ、日本シリーズでもマウンドに立った。

 将来的にこの世代を代表するのは一体、誰になるのだろうか。

取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)

【著者プロフィール】
うじはら・ひであき/1977年生まれ。日本のプロ・アマを取材するベースボールジャーナリスト。『スラッガー』をはじめ、数々のウェブ媒体などでも活躍を続ける。近著に『甲子園という病』(新潮社)、『メジャーをかなえた雄星ノート』(文藝春秋社)では監修を務めた。

【PHOTO】艶やかに球場を彩るMLBの「美女チアリーダーズ」!

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング