専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

バトラーが40得点&トリプルダブルの大暴れ!ヒートがレイカーズの反撃をかわしシリーズ初勝利

ダンクシュート編集部

2020.10.05

バトラーは40得点に加え、トリプルダブルの大活躍。エースの八面六臂の働きでヒートがシリーズ初勝利を収めた。(C)Getty Images

バトラーは40得点に加え、トリプルダブルの大活躍。エースの八面六臂の働きでヒートがシリーズ初勝利を収めた。(C)Getty Images

 10月4日(日本時間5日、日付は以下同)、ロサンゼルス・レイカーズとマイアミ・ヒートのNBAファイナル第3戦が行なわれた。

 第2戦に続いて主力のバム・アデバヨとゴラン・ドラギッチをケガで欠いたヒートだが、第1クォーターから大黒柱のジミー・バトラーが8得点、3アシスト、2戦連続で先発に起用されたマイヤーズ・レナードが5得点をマーク。ディフェンスではレイカーズから10個のターンオーバーを誘い、そこから11得点をあげて26-23で第1クォーターを終える。

 第2クォーターに入るとレイカーズはベンチのマーキーフ・モリスの3ポイントやカイル・クーズマの3ポイントプレー、第1クォーター無得点だったアンソニー・デイビスの連続得点などで逆転に成功。しかしヒートもバトラーのアタックなど11-0のランを仕掛け、58-54とこのシリーズで初めてリードを奪って前半を折り返した。
 
 後半早々にヒートはダンカン・ロビンソンの3ポイント、レナードのダンク、さらにタイラー・ヒロの長距離砲でリードをこの日最大の14点に広げる。レイカーズもケンテイビアス・コールドウェル・ポープの3ポイントやデイビスのフローターで食らいついていくが、ヒートもバトラーやケリー・オリニクを中心に着実に加点し試合の主導権を渡さず、85-80と5点差をつけて第3クォーターを終了。

 勝負の第4クォーター、レイカーズはレブロンの中央突破から3ポイントプレーにつなげて2点差に。その後、6点差をつけられるもモリスの連続3ポイントで同点に追いつくと、残り8分55秒にラジョン・ロンドのレイアップで91-89と試合をひっくり返す。

 だがヒートもバトラーのショートジャンパーでタイに持ち込み、オリニクの3ポイントで再逆転。残り3分48秒にはバトラーのフェイダウェイで8点差、さらに1分13秒には40得点目のレイアップをヒット。これが決定打となり115-104でヒートがシリーズ初勝利を収めた。

 ヒートはバトラーがゲームハイの40得点に加え、プレーオフ初のトリプルダブル(11リバウンド、13アシスト)の大暴れ。オリニクとヒロが17得点、ロビンソンが13得点、ジェイ・クラウダーが12得点をマーク。

 レイカーズはレブロンが25得点、10リバウンド、8アシスト、控えのモリスとクーズマが19得点ををあげたものの、過去2戦で30得点以上を記録していたデイビスは相手の厳しいマークとファウルトラブルに苦められ、15得点に終わった。

 第4戦は10月6日に行なわれる。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】35歳を迎えても未だ衰え知らず!NBAの“キング”レブロン・ジェームズ特集!
 
NEXT
PAGE
【動画】エースの攻守にわたる活躍でレイカーズを撃破!バトラーのファイナル第3戦ハイライト!

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング