専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

強烈ダンクをお見舞いされた渡邊雄太に同僚ベンブリーが“謝罪”「報いを受け入れるよ」〈DUNKSHOOT〉

ダンクシュート編集部

2021.02.22

渡邊(右)がポスタライズされたことは自身のせいだとして、ベンブリー(左)が“謝罪”した。(C)Getty Images

渡邊(右)がポスタライズされたことは自身のせいだとして、ベンブリー(左)が“謝罪”した。(C)Getty Images

 2月19日(日本時間20日、日付は以下同)に行なわれたミネソタ・ティンバーウルブズとの一戦で、ドラ1ルーキーのアンソニー・エドワーズにポスタライズダンクをお見舞いされてしまったトロント・ラプターズの渡邊雄太。強烈なインパクトを残したこのシーンは世界中で拡散され、多くの人々が様々な反応を示したが、21日になって同僚のディアンドレ・ベンブリーが渡邊に“謝罪”した。

 この日、ホームでフィラデルフィア・セブンティシクサーズとの試合に臨んだラプターズ。左手の親指を痛め欠場が続くカイル・ラウリーに代わり、先発出場したベンブリーは、3本のダンクを含む4本のフィールドゴールをすべて沈め8得点、4リバウンド、2アシストを記録。チームの4連勝に貢献した。

 そんなベンブリーに不幸が降りかかったのは、第4クォーター残り4分半頃。ジョエル・エンビードが外したシュートに対し、クリス・ブーシェとベン・シモンズがリバウンドを争った結果、弾かれたボールがベンブリーの顔面にクリーンヒットしてしまったのだ。
 
 試合後にベンブリーはこのプレーを、こう振り返った。

「今日、俺の顔にボールがぶつかった。あれは俺のせいでユウタがダンクを食らってしまったことへの報いだな。受け入れるよ(笑)」

 渡邊がポスタライズされたあの場面で、もともとエドワーズをマークしていたのはベンブリーだった。しかしエドワーズへのパスをカットしようとベンブリーが飛び出したことで、エドワーズがフリーに。そのカバーに行った渡邊が“被害者”となってしまったわけだ。

 ベンブリーとしては、自身のギャンブルディフェンスで渡邊がポスタライズされたことに責任を感じていたのだろう。両選手とも今回の苦い経験を糧に、さらなる成長を遂げてほしいところだ。

構成●ダンクシュート編集部

【PHOTO】史上2人目の日本人NBAプレーヤー「渡邊雄太」特集!
NEXT
PAGE
【動画】渡邊がポスタライズされたシーンを、ベンブリーに注目して再チェック

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング