専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

カリーが“伝説の巨人”チェンバレン超え!通算得点でウォリアーズ歴代トップに浮上<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2021.04.13

チェンバレンの記録にあと18点に迫っていたカリーは、第1クォーターだけで19得点をマーク。いとも簡単にレジェンド超えを達成してみせた。(C)Getty Images

チェンバレンの記録にあと18点に迫っていたカリーは、第1クォーターだけで19得点をマーク。いとも簡単にレジェンド超えを達成してみせた。(C)Getty Images

 ウィルト・チェンバレンーー。216㎝・124㎏という頑強な身体に超人的な身体能力を兼備した“伝説の巨人”は、1試合100得点やシーズン平均50.4点、50得点ゲームを118回など、数々のリーグ記録を打ち立てた。

 そんな名レジェンドがキャリア最初の6シーズンをプレーしてきたのがフィラデルフィア・ウォリアーズ(現ゴールデンステイト・ウォリアーズ)。在籍中に出場した429試合で、チェンバレンは平均41.5点、25.1リバウンドを叩き出した。

 NBAでジェームズ・ハーデン(ブルックリン・ネッツ)やジョエル・エンビード(フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)といった選手たちが快記録を残しても、たいていは「チェンバレン以来」という注釈がつくほど、超人的な記録をいくつも生み出してきたのである。

 そんななか、4月12日(日本時間13日、日付は以下同)のデンバー・ナゲッツ戦で、ウォリアーズが誇るスーパースター、ステフィン・カリーが“チェンバレン超え”を成し遂げた。

 この試合前の時点で通算1万7765得点としていたカリーは、チェンバレンが保持するウォリアーズのフランチャイズ史上最多得点(1万7783得点)まで、あと18点に迫っていた。
 
 カリーがチェンバレンの記録を塗り替えようとしていることについて、スティーブ・カー・ヘッドコーチは次のように話していた。

「これはとてつもない偉業だ。どんなスタッツであろうと、ウィルトを超えることは注目に値する。彼の名前はNBAのレコードブックにいくつも載っているからだ。ステフがウィルトの記録を塗り替えるということは、彼が12年間ここでやってきたこと、どれだけすごいインパクトを残してきたかという証になるのは間違いないね」

 チェンバレンがウォリアーズのフランチャイズ史上最多得点記録を樹立したのは1964年3月16日。それから約57年後、その記録は意外とあっさり塗り替えられた。

 カリーは序盤から高精度の3ポイントでネットを揺らし、第1クォーターだけでフィールドゴール66.7%(6/9)、3ポイント62.5%(5/8)、フリースロー100.0%(4/4)と絶好調。第1クォーター残り1分40秒にレイアップを決めたことで、チェンバレン超えを果たした。
 
NEXT
PAGE
「僕はもっと得点して、多くの勝利を手にしたい」

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング