専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

「あの難易度は10段階で10に入る」ドンチッチのショット能力にレディックが脱帽!「相手がいいディフェンスをしても…」<DUNKSHOOT>

秋山裕之

2021.04.28

今季のドンチッチは平均28.5点、8.0リバウンド、8.8アシストを記録。若きエースに導かれ、現在マブズはカンファレンス6位につけている。(C)Getty Images

今季のドンチッチは平均28.5点、8.0リバウンド、8.8アシストを記録。若きエースに導かれ、現在マブズはカンファレンス6位につけている。(C)Getty Images

 2年連続でプレーオフ進出を目指すダラス・マーベリックスは、現地時間4月26日(日本時間27日、日付は以下同)終了時点でウエスタン・カンファレンス6位(33勝27敗/勝率55.0%)につけている。

 チームを牽引するのはもちろん、2年連続でオールスターの先発を務めたルカ・ドンチッチ。スロベニア出身の22歳は、キャリア3年目の今季は平均28.5点、8.0リバウンド、8.8アシストという好成績を残している。

 エースの周囲にはクリスタプス・ポルジンギスやティム・ハーダウェイJr.、ジェイレン・ブランソン、ジョシュ・リチャードソン、ドリアン・フィニー・スミスといった選手たちがいるが、3月にトレードでチームに加入したJJ・レディックは、26日に地元メディア『The Dallas Morning News』へドンチッチについて次のように話していた。

「バスケットボールをプレーしている時、彼にはプレッシャーがないように見える。ただ自由な流れでゲームを楽しんでいるんだ。彼はまさに申し分ない選手。特にショットメーキングの点では本当に目を見張るものがある。彼の持つショットメーキング能力がエリートなのは間違いない」
 
 キャリア15年目のレディックは、オーランド・マジック時代にドワイト・ハワード(現フィラデルフィア・セブンティシクサーズ)、ロサンゼルス・クリッパーズ時代にはクリス・ポール(現フェニックス・サンズ)、シクサーズ時代にはジョエル・エンビードとベン・シモンズ、今季途中まで在籍していたニューオリンズ・ペリカンズではザイオン・ウィリアムソンとブランドン・イングラムというオールスター選手たちとプレーしてきた。

 そんな経験豊富なレディックから見ても、ドンチッチが繰り出すショットメーキング能力は見事だと感じているようだ。

「難しいショットを決める頻度がすごいんだ。メンフィス(グリズリーズ)戦ではジャ・モラントがいいディフェンスをしていたのに、クロスオーバーで交わしてからステップバックの片足ジャンパーへと持ち込んでいたんだ。フリースローライン付近からコンテストされたショットを打ったのに、それを決めてしまった。ああいったショットを決められる選手は世界でもほんのわずかしかいない。あの難易度は10段階で10に入るよ」
 
NEXT
PAGE
ドンチッチの必殺技はステップバック以外にも…

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング