専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

「彼はいつもイライラしている」ドンチッチの“気性の荒さ”を現地ライターが指摘<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2021.06.30

リーグを代表するスーパースターとなったドンチッチだが、プレー中の“気性の荒さ”はあまり評判が良くなさそうだ。(C)Getty Images

リーグを代表するスーパースターとなったドンチッチだが、プレー中の“気性の荒さ”はあまり評判が良くなさそうだ。(C)Getty Images

 ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチが、リーグを代表するスーパースターであるという事実に異を唱える者はいないだろう。2018年にドラフト3位指名でNBA入りし、ルーキーイヤーから平均21.2点、7.8リバウンド、6.0アシストと見事な数字を残して新人王を獲得。2年目の昨季、そして3年目の今季と2シーズン連続でオールスターに先発出場、オールNBA1stチーム入り、そしてチームをプレーオフへと導き、若くしてトップ選手の座に上り詰めた。

 ただ、肝心のポストシーズンでは2年続けてファーストラウンドで敗退。そして、負ければその責任を背負わされるのがスターの宿命であり、様々な批判やネガティブな噂に晒されるのがNBAの、スポーツの常。今プレーオフでロサンゼルス・クリッパーズに敗れて以降、ドンチッチはリック・カーライル前ヘッドコーチ(HC)との確執やクリスタプス・ポルジンギスとの不仲説など、いろいろな悪評が立っていた。
 
『ESPN』に所属するNBAライターのブライアン・ウィンドホースト氏も、6月末にダラスで放送されているラジオ番組『105.3 The FAN』に出演した際に、ドンチッチの“気性の荒さ”を指摘。「ルカと一緒にプレーすることに、いったいどれだけの選手が喜ぶのかわからない」と切り出し、こう続けた。

「ルカは気難しい人間だと思う。彼は素晴らしい選手だが、マーベリックスの試合を観ていると、彼はコーチに怒鳴り、チームメイトに怒鳴り、審判にも怒鳴っている。彼はいつも何かしらに不満を叫んでいるんだ。彼はいつもイライラしている奴なんだよ」

 実際に、ドンチッチはカーライル前HCとチームメイトの前で激しく口論したこともあり、また今季のテクニカルファウル数はリーグ2位タイの17個と、レフェリーに対しても常に文句を言っているイメージもある。そして、ドンチッチの母親が「普段は優しい性格だが、コートに立つと勝利に並々ならぬ執念を燃やし、激しくエネルギッシュな一面が顔を覗かせる」と息子を評しているのが、気性の荒さの何よりの証拠と言えよう。
 
NEXT
PAGE
ドンチッチは“気性の荒さ”を封印できるか

RECOMMENDオススメ情報

PICKUP MOVIEピックアップ動画

  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング