専門5誌オリジナル情報満載のスポーツ総合サイト

  • サッカーダイジェスト
  • WORLD SOCCER DIGEST
  • スマッシュ
  • DUNK SHOT
  • Slugger
NBA

「代表で得た自信はシーズンにも反映される」デローザンが五輪戦士ラビーンの躍進を予想<DUNKSHOOT>

ダンクシュート編集部

2021.08.17

ブルズ加入のデローザン(左)はラビーン(右)らとケミストリーを構築し、チームを5年ぶりのプレーオフに導けるか。(C)Getty Images

ブルズ加入のデローザン(左)はラビーン(右)らとケミストリーを構築し、チームを5年ぶりのプレーオフに導けるか。(C)Getty Images

 今オフのシカゴ・ブルズは、サンアントニオ・スパーズからデマー・デローザン、ニューオリンズ・ペリカンズからロンゾ・ボール、ロサンゼルス・レイカーズからアレックス・カルーソという実力者を獲得した。

 もともとチームにはザック・ラビーン、ニコラ・ヴュチェビッチというオールスターデュオがおり、彼らをサポートできる選手の加入で、今季の飛躍を予想する声も少なくない。

 無論、新戦力としてブルズに加わった面々もそれは同じだ。デローザンはカレッジの頃から知っているヴュチェビッチについて、「彼がどれだけ勝ちたいと思っているかを理解している。ザックはメインステージに立ち、シーズン中のスタッツ以上のものを求めて戦いたいと思っている。そしてロンゾだ。多くの可能性をチームにもたらしてくれるだろう」と、新たな仲間たちとの共闘に胸を躍らせている。

 デローザンはボールを「高校から大学までプレーを観ていたのを覚えている。彼はとんでもない選手なんだ。今シーズン、過去最高のロンゾをみんなが観ることになるだろうね」と高く評価。

 昨季のボールはキャリアハイとなる平均14.6点、5.7アシスト、フィールドゴール成功率41.4%、3ポイント37.8%を記録。2017年のドラフト2位はまだ23歳と若く、伸びしろも十分残されていると言えるだろう。
 
 そしてデローザンはラビーンにも大きな期待を寄せている。昨季は平均27.4点をあげて初のオールスターに出場し、先の東京五輪でもアメリカの優勝に貢献。16年のリオ五輪に出場したデローザンは自身の経験を踏まえつつ、代表チームへの参加がラビーンの成長に寄与すると考えているようだ。

「世界で最も偉大な選手たち、最も偉大な精神、最も偉大なコーチがいる代表チームでは、無意識のうちに何かを得て、究極の自信とやるべきことに取り組む姿勢を得ることができるんだ。自分がエリートの部類に入っていることを実感し、それがシーズンにも反映される。彼らの持つ勝利へのメンタリティ。自分で気付いているかどうかにかかわらず、そのようなものが引き継がれていくんだ」

 補強で戦力アップに成功したことに加え、エースのラビーンはさらなる飛躍が見込める。気掛かりはケミストリー醸成だが、デローザンは「全員が同じイメージで勝ちたいと思っていれば、フィットは問題ない」と話す。

 経験豊富なデローザンがリーダーシップを発揮し、勝利という目標に向けてチームを束ねることができれば、5年ぶりのプレーオフ進出は現実のものとなるはずだ。

構成●ダンクシュート編集部
 
NEXT
PAGE
【動画】キャリアハイの50得点をマークしたラビーンのハイライトはこちら!

RECOMMENDオススメ情報

MAGAZINE雑誌最新号

RANKINGランキング